毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

イルカ漁告発映画がアカデミー賞

イルカ漁告発映画がアカデミー賞

つり人編集部=写真と文

和歌山県太地町のイルカ漁をテーマにした映画
THE COVEがアカデミー賞の長編ドキュメンタリーを受賞した。

イルカ漁をテーマにしたというと響きはいいが
イルカ漁を一方的に批判した告発ものらしい。

イルカはかわいいから殺したらかわいそうということなんだろうが
なぜ、アメリカ人はそういう発想をするんだろうか。
かわいくても、かわいくなてくも、命の重さは同じだろう。
彼らの主食ともいわれる牛はかわいくないんだろうか。

ぼくの父は貧しい農村で育った。

子牛も何頭か飼っていて
子どもだった父は毎日子牛の世話をしていた。

子牛がある程度大きくなると
肉屋に卸さなければならない。
弟のように可愛がっていた牛を
業者に渡すのは胸が張り裂けそうだったが
家族が食べていくためには、仕方なかった。

子どもだった父が泣きながら牛を業者に渡すと
牛も自分が殺されるのが分かるのか
決まって涙を流すのだという。
涙を流しながら少年に向かって何度も泣くのだと。

「牛は自分が殺されるのが分かるんだぞ」

幼いころ、何度となく父から聞かされた話だ。

その話を聞いた夜
ぼくは布団に入ってよく泣いた。
「もう牛なんて食べない」
とその時は強く思うのだが
1か月もするとすっかり忘れて
「たまには肉食べさせてよ」
なんて母に言ったもんだ。

牛や豚をもりもり食べて
イルカを食べる文化を批判する。

これを人間のエゴといわずして、なんと言おうか。

(山根)







2010/3/8

<< 2010/3 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中