毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

エビちゃんに逢いたい!

エビちゃんに逢いたい!

つり人編集部=写真と文

深夜まで煌々と明かりが付いている編集部は
4階にあることから「神保町の第4サティアン」と
関係者から呼ばれている(らしい…)。

これまで、神保町の第4サティアンには
夢を抱いた多くの若者がその扉を開いては出て行った。
(まあ、編集部というのは、どこも似たりよったりだとは思いますが)

さて、以前、第4サティアンで修行を積んだYクンは
何を思ったかカレー屋さんでバイトをし、
しばらくしてからカレー屋のケータリングサービスを開始した。
これが当たり、最近ではテレビ各局で
「勝ち組」とか「サクセスストーリー」のような演出で
取り上げられているらしい。

Yクン、皿洗いのウデを磨いてヘッドハンティングを待ってマス!

なんと、このYクンのカレーをエビちゃんが食べたという。
ひょっとすると、エビちゃんはYクンのカレーに魅せられ、
これからも頻繁にカレーの出前を頼み、
そのうちにYクンとねんごろに…

まさに究極のエビ釣りだな。

なにが言いたかったのかといえばエビ釣りである。

tenagae.jpg
昨年の5月半ばに釣った多摩川のジャンテナ

今日のこの暑さが何日か続けば、
水温が上がり、テナガエビの活性が一気に高くなるに違いない!
hasiue.jpg
多摩川屈指のエビポイント”一国下”

ちなみに、現在製作中の月刊つり人7月号(5月25日発売)
でも、テナガエビONEDAYキャンプの楽しみ方を紹介しています。
エビちゃん未体験の方、
もっともエビちゃんがお熱いのは、梅雨時ですぞよ!
P5241621.JPG
シュワッチ!


2007/5/9

2007/5 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中