川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

カネヒラが表紙の釣り雑誌

カネヒラが表紙の釣り雑誌

つり人編集部=写真と文

昨日のブログで新刊の案内をさせていただきましたが
肝心の月刊つり人12月号の紹介を忘れていました。



どうしたら自然界でこんな美しい色が出るの?
と唸らずにはいられない表紙の魚は
タナゴの仲間のカネヒラです。

カネヒラの写真が表紙を飾る釣り雑誌など
月刊つり人以外ありえません。

特集の「秋の湖沼案内。」は
表紙のカネヒラをはじめ
キンブナ、ワカサギ、山上湖のコイ、ヒメマスなどなど
紅葉がきれいな湖沼の釣りをピックアップしてみました。

第2特集は
落ちのクロダイ釣りです。
クロダイを釣るなら、今がビッグチャンス。

今夜は風が強く吹く予定なので
明日あたり、海はニゴリが入ってねらいめかもしれませんよ。

ちなみに、月刊つり人はデジタル版も販売しています。
ネット書店のフジサン経由で購入すれば
注目のipadやiphoneでもご覧になれます。

デジタル版の詳細はコチラ

(山根)

2010/10/26

<< 2010/10 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中