川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ゲリラ豪雨のニュース

ゲリラ豪雨のニュース

つり人編集部=写真と文
先日、深夜のニュースを何気なく見ていたら
画面に濁流が映し出された。
轟々と流れる川の真ん中辺りに
一台の車が屋根だけを出していた。

屋根の上には人が乗っており
レスキュー隊が救出しようとしていた。

中国のどこかの川だった。

救出劇は見事に成功し
ドライバーはまさに九死に一生を得た。

ホッと胸を撫でおろしたが
どこかに違和感があった。

記憶の中でニュースの一部始終を振り返ると
答えはすぐに見つかった。

ナレーションだ。

ナレーターの女性は
「集中豪雨による上流部のダムからの放水で河川が氾濫した中国の◯◯川では一台の車が取り残され~」
と、河川の氾濫の原因をダム放水と説明したのだ。

日本でも
ここ数年は毎年のようにどこかの河川が氾濫しニュースで報じられる。
多くの場合、その原因はダム放水であるにもかかわらず
ニュースがそれに言及することは皆無に等しい。

単に、ゲリラ豪雨により◯◯川が氾濫し、となる。
正しくは、ゲリラ豪雨によりダムを放水したため、なのだが。

(山根)

2012/6/7

<< 2012/6 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中