川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

シロギス釣りは愉し

シロギス釣りは愉し

つり人編集部=写真と文

東京湾のシロギスが好調です。
東京下町の老舗船宿、深川の「冨士見」(??03-3641-0507)より出船しました。

001.jpg
冨士見へは電車釣行が便利。東西線「門前仲町」駅を降りて徒歩30秒。無料送迎バスが船宿まで運んでくれる

まあちゃんこと斉藤船長いわく
「富津では数がよかったけど盤洲では型がいいんだよ。
しかも数も伸びてトップは100尾ペースだね」
とのこと。

この言葉を聞いてイラストレーターの北原ゆかりさんと発奮。
かなり頑張って釣りました。

002.jpg
たしかに良型揃い! みんな天ぷらサイズだからうれしくなります

サイズがよく、水深が浅いのでアタリも引きもダイレクトで超楽しい!
でも、こういうシンプルな釣りほど腕の差が歴然です。
当日もトップは束。でも、ワタシは66尾。
おそらく仕掛け絡みの時間のロスと
アワセのタイミングが合っていなかったんでしょう……。

003.jpg
大ドモの常連さんには27cmの特大が登場!

盤洲といえばアクアライン。
海ほたるから伸びる洋上のハイウェイを眺めながらの釣りもオツなものです。
とにかく今年は絶好調ですから、この夏休みにぜひ遊びに行ってみてください。
お土産確実ですよ。





2006/8/4

2006/8 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中