毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ツキノワグマに9人が襲われる

ツキノワグマに9人が襲われる

つり人編集部=写真と文

19日午後2時頃、
岐阜県高山市丹生川町岩井谷の
乗鞍スカイライン「ひだ丹生川乗鞍バスターミナル」で、
9人もの観光客がツキノワグマに襲われたという。

ツキノワグマの体長は1mほどだったらしい。
畳平駐車場近くの魔王岳への登山道にいた人たちが
やられたという。

ニュースを聞いた瞬間
吉村昭氏の羆嵐が思い浮かんだ。

大正4年に北海道で起きた
ヒグマによる6人の男女殺害の凄惨な記録である。

羆嵐の中に出てくるのはヒグマであるが
本州で普通、クマといったらツキノワグマである。
ヒグマよりも小さいものの
危険であることに変わりはない。

魔王岳登山道での事件が起きる数日前
月刊つり人や別冊渓流で活躍している
フリーカメラマンが下北半島でツキノワグマにやられた
というニュースが飛び込んだ。

カメラマンはどうにか死を免れたが
顔面を含む全身に大傷を負ったという。

秋といえば、キノコを採りに山に入る
渓流釣りファンも少なくない。

そんな月刊つり人の愛読者のために
10月25日発売の月刊つり人12月号にて
ツキノワグマに襲われたフリーカメラマンに
恐怖体験とツキノワグマ対策を執筆していただく予定。

近年、ツキノワグマによる被害は増加傾向にあるので
「自分にかぎって大丈夫だろう」
という考えは捨て
対策をしっかりと講じていただきたい。
(山根)

2009/9/20

<< 2009/9 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中