毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

パリからの凶報

パリからの凶報

つり人編集部=写真と文

世界最高峰のコイ釣り大会
ワールド・カープ・クラシック(WCC)も
無事に閉幕。

初参加となった日本チームは善戦したものの
お立ち台に上がることは叶わなかった。

選手と取材スタッフは大会会場となった
ロレーヌ地方のマディーヌ湖を後にし
パリへ向かった。

事件は起きた……


シャルルドゴール空港へ向かう途中で
レンタカーのクラッチ版が焼きつき
煙がもうもう。
(やっぱり、クルマは国産車に限りますなあ)

やがてギアが入らなくなり
立ち往生。

なんと、予定していたフライトに間に合わなかったというのだ。

シャルルドゴール空港からのANAの直行便は
一日に一便しかないそうで
丸一日、パリで足止めをくらうことに。

取材スタッフの中には
明日に国内での取材を入れていた者もいて
編集部では、その対応に追われている次第。

パリに行くまでも、いろいろとすったもんだがあったが
やはり、帰路にも待ち受けていたか
というのが正直なところ。

編集部のある神田神保町でお留守番をしていたぼくは
現地でのドタバタ劇の苦労は知る由もないが
一刻も早く大会の詳細を聞きたいところ。

ちなみに
WCCの速報は9月25日発売の月刊つり人11月号(間に合えば…)
に掲載を予定しており
詳細は年明け2月に発売しているカープフィッシングvol.5
そして、DVDも同時期に発売を予定しています。
全国のコイ釣りファンの皆様
この機会をお見逃しなく!!
(山根)





2009/9/7

<< 2009/9 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中