毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ピロリ菌のいたずら

ピロリ菌のいたずら

つり人編集部=写真と文

T-BOLANの歌に「じれったい愛」というのがあった。

歌謡曲は昭和で止まってしまっているぼくにとっては
今でも充分に新譜なのだが
1992年にリリースされたみたいだ。
そんな昔だったっけ!?

で、その頃。
替え歌で「じれったい」の部分を
「痔が痛い」と言い換えるのが仲間内で流行った。

なぜ、突然、そんな下らないことを思い出したかというと
「胃が痛い」んである。

3日前からガスター10を飲み始めたが効き目なし。
4、5年ほど前に胃潰瘍になったときと同じパターンだ。

で、その時。
ぼくはピロリ菌の保菌者であることを医師から教えられた。
胃がんや胃潰瘍になる人の多くは
ピロリ菌の保菌者なのだという。
逆に、ピロリ菌がなければ
胃がんや胃潰瘍にはなりにくいのだと。

「クスリでピロリ菌を消滅させることができますが
どうしますか?」
と、医者から言われたので
一も二もなくうなづいた。

ところが、そのクスリの量が強烈で
飼い葉といったら大げさかもしれないが
ご飯の量くらいある。
で、それを1週間、朝昼晩欠かさずに飲み続けないとならないという。

当時は取材で各地を飛び回っていたから
そんなことゼッタイにできないと
結局、1度も飲むことなく今日にいたっている。

あの時、ちゃんと飲んでいれば
この痛みを味わわなくて済んだのかなと思っても後の祭り。
シクシク胃が痛むたびに
「胃が痛い」というフレーズがどこからか流れてくるのだ。

ちなみに、胃潰瘍の要因は不規則な生活とストレス。
昔から編集者病ともいわれ
編集者の勲章のようなものである。

予防としては
ゆっくり入浴、充分な睡眠、珈琲やお酒を空腹時に飲まない
楽しい趣味を持つ、適度なスポーツ、たばこは吸わない。
などが挙げられる。

「カープフィッシング」の校正はどうにか終わったけど
「鱒の森」の校正がまだ半分以上あり、明日の明け方までに読まねばならない。
それが終わると、月刊つり人の締切……。
というわけで
ゆっくり入浴、充分な睡眠、楽しい趣味、適度なスポーツは
当分、ムリ……。

(山根)

2010/7/15

<< 2010/7 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中