川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

ベテラン達の美味アユ談

ベテラン達の美味アユ談

つり人編集部=写真と文

ダイワ鮎マスターズは
小澤剛さんが優勝。

小澤さんはこれで、アユ釣りのビッグトーナメントを完全制覇したことになる。
まさに、前人未到の快挙。
あっぱれである。

ダイワ鮎マスターズが終わると
ぼくの中で、今夏の「仕事としてのアユ釣り」は終わったような感じになる。
残されたごくわずかな期間ではあるが
プライベートのアユ釣りをとことん楽しんでやろうという気が
むらむらと沸いてくるのだ。



ところで、アユ釣りファンが何人か集まると
「○○川のアユが旨い」
という話になる。

たしかに、川によってアユの味は変わってくる。
その川がきれいであることは大前提だが
同じようにきれいな川であっても
アユの味は微妙に異なる。

岐阜県の馬瀬川、和良川
高知県の安田川
島根県の高津川などのアユは
ブランドにもなっていて
市場で高値で取引されている。

でも、ぼくは言いたい。

アユの味を大きく左右するのは、焼き方であると。

炭火でじっくりと焼き上げるのが
アユの食味のポテンシャルを最大限に引き出す焼き方だ。

これで焼けば、ブランドアユでなくても
とっても美味しく食べられる。



向かって左から小口前相談役、相吉氏、高瀬川山荘の主人、篠原信彦氏


先日の高瀬川釣行は
弊社の小口前相談役と日本友釣同好会の相吉孝顕さんとご一緒させていただいたが
高瀬川山荘の囲炉裏を囲んで
上記のような話になったわけ。

ちなみに
小口前相談役は今年で87歳。
相吉さんは76歳。

高瀬川渓谷は大石がゴロゴロ転がる渓谷美で
100メートルくらいの瀬と
水深5メートル以上ある大淵が交互に展開する。

そのような場所でふたりとも優雅にアユ釣りを楽しむのだ。

で、存分に釣りを楽しんだ後は
宿の囲炉裏で食べて飲んで釣り談義に華が咲く。

釣りという趣味の素晴らしさを
再認識したしだい。


今年は米代川にも行ったという小口修平氏

(山根)

2010/8/30

<< 2010/8 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…

おすすめ記事

釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年9月号

特集は「やってみたい釣り、行ってみたい川、全部これでOK 夏の川釣り超入門!」。 どんよりとした梅雨が明ければ、いよいよ夏の日差し。最近は困った猛暑も多いが、ひんやりとした流れに浸り、川を棲み処とするたくさんの生きものと触れあえば、大人も子どもも分け隔てなく眩しい季節の一部になれる。テーマはずばり「川ガキに戻ろう!」。ちょっと乱暴なその呼び方には、忘れたくない溌剌さ、元気、夢中で遊び回る大切さが込められている。ターゲットはヤマメ、アマゴ、イワナ、アユ、カジカ、オイカワなど。そのほか、天然ソ上が好調な日本側のアユ釣り最新情報、読めばクールダウン間違いなしの水辺の怪談、釣りエサのひみつなどをお届け。 
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中