川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

モア……と臭う

モア……と臭う

つり人編集部=写真と文

これぞバチ天国!
なんて書いた次の日。
そんなものとは比較にならない
これまで見たこともない数のバチ抜けに遭遇しました。
もう一面がバチ、バチ、バチ……。
その数は……想像もつきません。

試しに足もとに玉網を入れてザバッとひと掬いしてみたところ
それだけで20匹ほどのバチが入ります。
サイズはみな8cmほど。
特別大きくもなく、
この時期によく見られる3cmほどの円を描くタイプのバチでもありません。
通常のゴカイよりも太く、赤みが強く、
アカイソメに似ている感じですが、
触れただけで溶けたり千切れてしまうほど繊細です。

P1010001.JPG
足もとを写しただけでこの数! 運河はエサが豊富なんです!

しかし……。
あまりにもバチが多すぎるのも考えものです。
水面下におびただしい数のバチがいるわけですから
わざわざ水面にライズして食う必要がないのです。
口を開けていれば
大量のバチで魚は満腹になるでしょう。
それに確率の問題。
いったい何匹のバチがいて
何尾のシーバスが集まっているのかは分かりませんが
本物の中から偽物を選んで食う確率は
おそらく千分の1程度?
案の定、ルアーにはさっぱりでした。

そこで、いつもとは逆行動。
バチの少ない場所を捜しました。
すると、流れの弱いワンドには
ほとんどバチが流れていません。
しかし、ライズはあるのです。

少ないからこそ1匹を夢中になって追う。
結果、ライズになるということでしょうか。

1投目。なんと海面がモコモコモコと盛り上がり
潜水艦のようにワームに接近する魚の気配。
「モア……」
と水が動くと、ロッドティップに重み。
これは……
思ったとおりボラ
いやそこまで出世していないイナでした。
臭みに耐えながらフックを外し、
2投目。
またも海面がモコモコモコと盛り上がり
潜水艦が「モア……」。

ナリは小さくても湾奥ボラは臭気いっぱい。
あまりの臭さにメゲて帰りました。

同じ運河でも
毎日表情が違います。

P1010013.JPG
潜水艦のようにモコモコと近付き「モア……」とするのはボラかマルタウグイです


2006/5/19

2006/5 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年7月号

第1特集は「これなら釣れる! ドライフライ・テンカラ」。テンカラは渓流釣りナンバー1のシンプル装備。けれどもいざ毛バリを振ってみると、思うように飛ばないし、どこを流れているのかも分からない。今号ではドライフライ使用のスタイルを提案! 魚がバシャリと飛びつけば興奮度はMAX。羽虫が飛び交う盛期は今! 風薫る新緑の渓へ身軽にダッシュ。第2特集は「スタートダッシュの入れ掛かり河川! アユ釣り開幕2019」。今期は全国的に渇水傾向といわれる中、気になるアユのソ上状況はいかに? 名手たち注目のアユ釣り河川は? いよいよ本格的なアユシーズンに向けてカウントダウン。今年も熱くニッポンの香魚を追う、待望の季節がやって来た。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中