川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

今朝の珍事

今朝の珍事

つり人編集部=写真と文

月刊つり人12月号がまだ終わりません。
発売まであと一週間。
眠たいッス。

今朝の珍事:その1

睡眠不足と校正疲れからか
朦朧としたまま朝食を食べていると
「キャ~!」
という妻の叫び声。

妻の視線の先を見ると
ドス黒い液体がフローリングの上を
じわじわと広がっている。

まるで、サスペンスドラマで見る
殺人現場の血のようだ。

一瞬、ネズミか何かが死んで
その血が流出したのかと思ったが
血にしては黒いし量も多い。

数秒後にドス黒い液体の正体がわかった。

「ちょっとアンタ、なにやってんのよ!」

妻の指さす方向を見ると
コーヒーメーカーからポタポタと
黒い液体が流れ落ちている。

「えっ?」

そこにあるべきはずのコーヒーポットがない。
つまり、コーヒーポットをセットしないで
コーヒーを淹れようとしてしまったのだ。

「文句があるなら自分で淹れろよな」

とはさすがに言えませんでした…。

今朝の珍事:その2

コーヒー事件がひと段落したころ
勢いよく玄関のドアが開いて
学校に行ったはずの小2の娘が
息を切らして入ってきた。

「間違えて、サンダルで行っちゃった」

走って帰ってきたのだろう
肩で息をしている。

「まったく何やってんだか。
いったいどこまで行って気付いたんだい?」

「雨だれ石をうがつの石の前」

娘はハーハー息を切らしながら言った。

雨だれ石をうがつの石?

記憶が走馬灯のように頭を駆け巡る。

そういえば、入学式の時
校門の横にある大きな石を見て
「ねえパパ、雨だれ石をうがつの石ってこのこと?」
と娘が聞いてきたことがあった。

ひと抱えほどある大きな黒い石には
小さな穴が無数にあいていた。
多分、あの石のことだろう。

「えっ、てことは学校まで行って帰ってきたの?」

「そうそう、じゃあ、行ってきます」

娘はクツに履き替えて走り出て行った。

それにしても
なぜ、学校まで行ったとか
門まで行ったではなく
「雨だれ石をうがつの石の前」
なんだろうか。

親が親なら子も子だなと
ひとり納得した朝の珍事だった。

(山根)

2010/10/18

<< 2010/10 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…

おすすめ記事

釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年6月号

特集は「渓流 小川 堤防 地磯 ゴロタ浜 とびきりのポイント見つけよう! 穴場探釣」。まもなくゴールデンウイーク。夢の10連休という人も、多少は休めそうという人も、次の休日は、新しい釣り場に足を向けてはいかがだろう。川も海も、季節がよくなり、人出も増える季節。その中でも、視点を少し変えたり、歩く労力をいとわなければ、理想的といえる釣り場は、意外なほど身近にある。巻頭の舞台は東京都の奥多摩、小川谷、大丹波川。ゴールデンウイークでも、都心部から渋滞を気にせず行けるこのエリアには、きれいなヤマメやイワナが棲む支流が数多くある。そのほか、伊豆、三浦の穴場攻略、真鶴の空撮ガイドなど充実の内容でお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中