川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

今朝の珍事

今朝の珍事

つり人編集部=写真と文

月刊つり人12月号がまだ終わりません。
発売まであと一週間。
眠たいッス。

今朝の珍事:その1

睡眠不足と校正疲れからか
朦朧としたまま朝食を食べていると
「キャ~!」
という妻の叫び声。

妻の視線の先を見ると
ドス黒い液体がフローリングの上を
じわじわと広がっている。

まるで、サスペンスドラマで見る
殺人現場の血のようだ。

一瞬、ネズミか何かが死んで
その血が流出したのかと思ったが
血にしては黒いし量も多い。

数秒後にドス黒い液体の正体がわかった。

「ちょっとアンタ、なにやってんのよ!」

妻の指さす方向を見ると
コーヒーメーカーからポタポタと
黒い液体が流れ落ちている。

「えっ?」

そこにあるべきはずのコーヒーポットがない。
つまり、コーヒーポットをセットしないで
コーヒーを淹れようとしてしまったのだ。

「文句があるなら自分で淹れろよな」

とはさすがに言えませんでした…。

今朝の珍事:その2

コーヒー事件がひと段落したころ
勢いよく玄関のドアが開いて
学校に行ったはずの小2の娘が
息を切らして入ってきた。

「間違えて、サンダルで行っちゃった」

走って帰ってきたのだろう
肩で息をしている。

「まったく何やってんだか。
いったいどこまで行って気付いたんだい?」

「雨だれ石をうがつの石の前」

娘はハーハー息を切らしながら言った。

雨だれ石をうがつの石?

記憶が走馬灯のように頭を駆け巡る。

そういえば、入学式の時
校門の横にある大きな石を見て
「ねえパパ、雨だれ石をうがつの石ってこのこと?」
と娘が聞いてきたことがあった。

ひと抱えほどある大きな黒い石には
小さな穴が無数にあいていた。
多分、あの石のことだろう。

「えっ、てことは学校まで行って帰ってきたの?」

「そうそう、じゃあ、行ってきます」

娘はクツに履き替えて走り出て行った。

それにしても
なぜ、学校まで行ったとか
門まで行ったではなく
「雨だれ石をうがつの石の前」
なんだろうか。

親が親なら子も子だなと
ひとり納得した朝の珍事だった。

(山根)

2010/10/18

<< 2010/10 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年1月号

特集は“寒さますほど面白い「陸」と「海」を自在に冒険! たっぷり遊ぶ、水郷or地磯”。まず水郷は「なるほどディープな釣りの原点 郷愁の国のマブナ釣り」と題して、マブナを特集。これからの季節、誰もの心の中にある懐かしい土の匂いを感じながら、時を忘れて遊べるのが、昔ながらの小ブナ・マブナ釣り。たまにはほっこり、心安らぐ釣り場へ出かけてみよう。続いて、地磯は「足で釣るから満たされる地磯で、まんぷく」。アクセスしやすい堤防に比べ、混雑の少ない地磯。そこに至る道のりが険しい場所もあるが、自分の足でたどり着付いて、釣った時の達成感はひとしお。その魅力をとことん見ていきたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中