川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

初アユ好発進

初アユ好発進

つり人編集部=写真と文

ヤマネやマノが河津川で撃沈していた同じ水曜日、
ワタシは福島県の高瀬川で満面の笑みを浮かべていました。

高瀬川の解禁は25日の日曜日。
解禁前に水が出て
当日も天気はよくなかったそうだが
釣れっぷりは前評判どおりだったそうだ。
多い人で60尾。しかも多くが天然魚で
しかも20cmを超す良型がバンバンだったとか。

オトリ店で見せてもらった解禁日の釣果。確かにデカいっす!

翌日の月曜日も好調キープ。
水況も安定しているうえに照り込んで
ますます追いだしたとか。
さらに前日の火曜日も曇りの予報に反して晴れ。
10尾以上はダレでも釣れるという。
こりゃ、期待するなというほうが無理。

2.jpg
いかにも東北の小河川といったチャラチャラの流れ

着いた高瀬川は黒石ビカビカのヨダレもの。
しかし、地元の名手いわく、
「高瀬川の黒い石はアカ腐れ。本当に釣れるのは赤い石と砂地に点在する白い石」
とのことです。

結果は同行者とともに朝から入れ掛かり!
同行者は瀬落ちをねらい
ワタシはチャラで静かに泳がせ釣り。

大伝橋の下の人気ポイントだけに
解禁から3日間で
追い気の強い良型はかなり抜かれてしまったらしく
全体的にやや小さめだったものの
昼までに20尾。
朝と昼に山の上流のほうで雨が降った影響で
午後からは草などが流れて釣りにくかったが10尾ほど追加。
いやはやワタシにしたら上出来です。

3.jpg
いかにも若アユといった17cmクラス。当日は期待していた20cm超はでなかったが大満足デス

2006/6/29

2006/6 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中