川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

初心者がこんなに釣っていいのか!?

初心者がこんなに釣っていいのか!?

つり人編集部=写真と文

梅雨でのびのびになっていたカサゴ釣り取材を
ようやく決行。
が、今回はカサゴ釣りは初めての私と
イラストレーターの
もりなをこさんが挑戦するのだから、
果たして魚が拝めるのか不安。
簡単だと先輩に言われても、いや、だからこそ
万が一釣れなかったらというプレッシャーが重くのしかかる。

ハリの穴を通すようなフリーキックを決めておきながら、
PKを外したバッジオの気持ちがよく分かる。
……そりゃ大袈裟か。

山下丸.jpg
今回お世話になった久比里の山下丸さん(??0468-42-8856)で
サオ、リールからエサ、仕掛けなどすべて揃う


が、そんな心配は無用だった。
久比里の山下丸で沖へ出て、
仕掛けを海底に沈めると待つ間もなく
もりさんが1尾目をゲット。
しかもなかなかのサイズ。

カサゴ.jpg
この日はサバの切り身がよかったようだ。
大口いっぱいに切り身をほおばったカサゴちゃん


慌てて写真を撮り、
負けてなるものかとサオ先に神経を集中させる。
と、僕のサオにも待望のアタリが。

その後もアタリが遠のくことはあったものの、
2人して相当の数が釣れた。
なんだかうまくなった気分で喜んでいたが、
1人で我々2人分の釣果をあげた人もいたと聞いて愕然。

もりさんもかなりコンスタントに釣っていたのに、
手返しのよさ、エサ付けのスピード、根掛かりの回避法など
細かいところの積み重ねで差が出るのだろう。
釣りの道は奥深い。
この差を埋めるにはまだまだ時間が掛かりそう。

山下丸船長.jpg
船長の勝弘さんはとにかく親切で、
1日気持ちよく釣りができました。
仕事だということも忘れられたくらい


今度はカワハギ釣りに行きたいなぁ。

2006/8/2

2006/8 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年3月号

2019年の渓流釣りもいよいよ開幕。今月のつり人の特集は「夢空間の“ルート”&“釣り方”を一挙公開! いつか釣りたい百名山の渓」。身を置くだけで心が洗われるような日本の渓流。その環境を育むのは、列島に連なる数多くの山々だ。冬を終え、木々も生きものたちも目覚め始める春からの川。とびきりの魚たちと、今シーズンも出会いたい。百名山の渓流ガイド、郡上本流のアマゴ術、大ヤマメ・大アマゴハンターの大ものの心得、山ナイフの勘どころ、2019年渓流解禁情報などをお届け。
そのほか、堤防メジナ釣り、厳寒期のコマセワーク、渚クロダイレポート、寒タナゴ釣り、グルテンエサの勘どころといった旬の釣りも充実。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中