川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

国際フィッシングショー2008前夜

国際フィッシングショー2008前夜

つり人編集部=写真と文


明日から開催される
国際フィッシングショー2008の搬入のため
会場であるパシフィコ横浜へ。

弊社ブースでは
2月8日創刊の
CarpFishingの臨時コーナーを設置。

国内におけるボイリーフィッシングの第一人者
福安佳安さんが愛知県から駆けつけ
本場のカープタックルを
これでもかと、カープコーナーに展示。



これが本場のボイリー


これは新発売のバイトアラーム

明日から3日間
福安さんは弊社ブースにて
ボイリーフィッシングの解説をしてくれるので
全国のコイ釣りファンの皆様
ぜひともこの機会をお見逃しなく。

搬入が終わってから
カープフィッシング創刊の打ち上げを兼ねて
福安さんとカーププロダクションの山本和由さんとともに
横浜中華街に繰り出した。


旧正月でごったがえす中華街

奇しくも今日は中国では
旧正月にあたる。
そのため、獅子舞が中華料理店を一軒一軒訪れ
爆竹を鳴らすなど、大騒ぎ。


我々が入ったお店にも獅子舞が乱入

CarpFishingの門出を祝ってくれた。

本場のヨーロッパよりも
はるかに釣り場環境に恵まれた日本において
カープフィッシングがどれほどの盛り上がりを見せるのか。
今から楽しみ。
ワールドカップの表彰台に
サムライアングラーが上がる日は
そう遠くないはずだ。(山根)

2008/2/7

<< 2008/2 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

最新号 2018年7月号

第1特集は「癒されるニッポンの原風景を見つけた! 小川で釣る。七色のタナゴ」。
日本の里の水辺には、小さな宝石が泳いでいる。初夏はタナゴが鮮やかな婚姻色を身にまとう季節。
その鮮やかさは、世界でも一番小さな釣りの対象魚の魅力と、何より“私たちがこれからも残したい自然”を教えてくれる。

第2特集は「アユ釣り開幕」。アユ釣りファンなら誰もが気にする天然ソ上のよしあし。
今期は「良好!」という声が各地から聞こえてくる。
昨年撮り置いていた河津川、碓氷川、藁科川、五ヶ瀬川、一ツ瀬川での実釣記事のほか、
ダイワ鮎マスターズV3の瀬田匡誌さんのアユ釣り一問一答、解禁情報など充実の内容でお届け!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中