川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

壊れかけの食事

壊れかけの食事

つり人編集部=写真と文


本日の昼食は吉野家の牛丼=並つゆだく、卵、味噌汁
夕食はマック=クオーターパウンダーセット。

昨日の昼食は立ち食いそば(富士そば)=月見そば大盛り
夕食は肉まん、ピザまん、カップヌードル(カレーBIG)

一昨日の昼食は肉まん、ピザまん、カップヌードル(チリトマトBIG)
夕食は吉野家の牛丼=並、卵、味噌汁

3日前の昼食は忘れたけど
夕食は吉野家の牛丼=並、卵、味噌汁だったのは確か。

野菜の摂取量が少ないゾと思われるかもしれないが
ノープロブレム。
牛丼に紅ショウガをこれでもかと載せて食べるのがオレ流。

そういえば、牛丼といえば
JALの次期CEOとして白羽の矢が立っている
京セラの稲盛名誉会長が
なんでも牛丼が大好きなのだとか。

稲盛さんといえば
かの松下幸之助と並び称される経営のカリスマであり
フォーブス誌の「日本の富豪」28位にランクインされている。
資産の推定は800億円を超えるとか。

そのような御仁が、なんで牛丼なんだ?

それはひょっとして
ぼくが離島へ釣りに行き
毎晩、豪華釣魚料理に舌鼓を打っていると
無性に学食のカレーライスが食べたくなるのと
同じ心境だろうか。

そんなわけないか…。

さて、ここでぼくが何を言いたいのかというと
今、まさに締切がドンピシャで重なってしまった
月刊つり人カープフィッシング鱒の森
1月25日に発売になるので
皆さん、ぜひ読んでくださいね!!!
ということでした…

(山根)



2010/1/16

<< 2010/1 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中