川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

多摩川ハゼ絶好調!

多摩川ハゼ絶好調!

つり人編集部=写真と文

昨日は18時30分が満潮だったので
多摩川下流部に到着したのは15時くらい。
多摩川下流部では
満潮の前後2時間くらいがハゼの食いが立つ。

台風10号による豪雨で
ハゼが下ってしまってないか心配だったが
なんのことはない
1投目からブルブルアタリが連発した。

釣り始めは川の水位がまだ低く
ノベザオで探れる範囲の浅場にきているハゼは
体長5センチ前後の小型が大半。

けれど16時を過ぎたあたりから
12~13センチがコンスタントに当たりはじめ
15センチ超もけっこう混じった。
20センチ近いウロハゼもゲット。

ぼくが入釣したのは多摩川の最下流部で
普段は滅多に人がいないのだが
昨日は家族連れが3組ほどサオをだしていた。

その中の1組に小学校3~4年生くらいの男の子がいたので
話しかけてみた。
というのも、その男の子が使っているエサが
ハンペンのような白く四角いのだ。
最近流行りのワームかなにかをちぎって使っているのかしらん。

すると
「カニのウデの身ですよ」
真っ黒に日焼けした少年は
ニコッと笑って白い歯を見せた。

「えっ!?」

なるほど、バケツの中を見ると
現地調達したであろうカニがガサガサ入っている。
コイツをエサにするのか…。

イソメを掘って釣る人はたまに見かけるけど
カニの身を付けて釣るのは初めて見た。

そこそこ釣れるだろうとは思うけど
なんかカニが気の毒になった。
実際、エサが大きすぎるようで
アタリはよくあるようだが
なかなかハリ掛かりさせられないでいた。

でも、あれくらいの年頃の男の子って
カニやらカエルやらバッタやらセミやらを
捕まえては殺したがるんだよな。
そうやって殺生を重ねるうちに
命の尊さが分かってくるんだろう。

少年は根掛かりすると
ズブズブと川に入ってハリを外していた。
全身ズブ濡れになりながら
ハゼを黙々と釣る少年が
ちょっぴりまぶしかった。

(山根)



2010/9/13

<< 2010/9 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年10月号

特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう! そのほか、読めば一気にクールダウン、水辺の怪談、東京湾タチウオ最新事情、今が好機の多摩川&涸沼ハゼなど旬の釣りをお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中