毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

多摩川流域の小中学校を卒業された少年の心を持つ方へ

多摩川流域の小中学校を卒業された少年の心を持つ方へ

つり人編集部=写真と文

昭和30~50年代に多摩川流域の小中学校に通っていた方々に
特にオススメしたい写真集が間もなく発売になります。

TAMAGAWA 東京ネイチャーです。




写真家の津留崎健さんが13年間にわたって撮り続けた
素顔の多摩川の写真集です。


昭和30~50年代の多摩川は汚濁が激しく
「死の川」と呼ばれていました。

それでも、流域に育った子どもたちは
ある種の本能で、多摩川に行き、釣りや網などで魚の存在を確かめようとしました。

が、悲しいかな、当時の多摩川には
子どもにやすやすと捕まえられるような魚はいませんでした。

多摩川=死の川
多摩川=生命感がない川
多摩川=汚い川
多摩川=ドブ川

このような印象を抱いたまま大人になった方が多いと思います。

大人になってからもおそらく、日常生活で多摩川を振り返る瞬間はなく
先日のような豪雨の際に
「多摩川は大丈夫なのか」
と、その存在を思い出す程度なのではないでしょうか。

しかし、ご覧ください。
現在の多摩川には、信じられないくらいたくさんの魚たちが生きているんです。







写真はマルタウグイとアユの産卵シーン。

アユなどは毎年、数百万尾が東京湾からソ上してきます。

少年時代に
「おじさんたちが子どものころは多摩川で泳いでいたんだよ」
なんて大人に言われて、まったくそれが信じられませんでしたが
今ではほら、ご覧のとおり!




私たちは経済や便利さを追求するあまり
貴重な財産である自然に大きなダメージを与えてきてしまいましたが
自然の回復力は私たちの想像をはるかに超えています。

時計の針はゼッタイに巻き戻すことができませんが
自分たちの横暴を真摯に反省し
復活を願えば、自然は見事に回復します。

多摩川は、まさにその代表例といえるでしょう。

蘇った多摩川の生命感あふれる写真の数々
ぜひ、この写真集で目にしてください。

写真集は25日発売予定です。

紀伊国屋書店新宿本店6F実用書フロアにて25日からフェア開催!

(山根)





2015/9/17

<< 2015/9 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2018年3月号

“春、心を癒す谷あそび”と題して今月の特集は渓流解禁。実釣では長野県・雑魚川、埼玉県・荒川を取り上げている。これから渓流釣りをやってみたいという人向けにはエサ釣り、テンカラ、ルアーフィッシング、フライフィッシングの入門記事を掲載。そのほかウエアやウエーダーの選び方、カワムシの取り方、全国の主要漁協を網羅した解禁情報など解禁を強力にサポートする内容になっている。また巡ってきた春。祝、渓流釣り解禁! “寒の季節の安・近・短 ワカサギ&タナゴ”も必見。霞ヶ浦の寒タナゴ、グルテンの使い方、今大注目の神奈川県・津久井湖のワカサギ釣り、紅白サシのエサ実験を掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中