川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

大きな矛盾、原発とバス害魚論

大きな矛盾、原発とバス害魚論

つり人編集部=写真と文

2030年代に原発をゼロにすると言っておきながら
枝野経済産業大臣は15日に
青森県の大間原子力発電所と
島根県の島根原発3号機の建設再開、稼働を
事実上容認しました。

物事の辻褄が合わないことを
「矛盾」と言います。

小学生でも知っていることですが
古代中国の武器商人が
1本の矛を手に
「この矛はどんな盾でも貫通させる」とセールスし
次に、盾を手に取り
「この盾はどんな矛でも食い止める」と言ったという故事から生まれた言葉です。

これからの日本では
物事の辻褄が合わないことを
「矛盾」ではなく
「枝野」と言ったほうがいいかもしれませんね。

たとえば以前
私が琵琶湖博物館に行った際
「悪魔の魚、ブラックバスを食べよう」
などというキャンペーンが行なわれており
館内の売店でバスバーガーが売られていました。

値段を見ると720円。

ビックマックの倍以上!?

お店の人に値段が高いワケを聞いてみると
「いや~、あまり捕れないみたいなんですよ」
と苦笑。

琵琶湖はブラックバスだらけになってしまった
なんて言っているのに、あまり捕れないって、どういうワケ?

それって「枝野してない?」

どうでしょう、こういう活用法は……

(山根)



2012/9/16

<< 2012/9 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新号 2018年7月号

第1特集は「癒されるニッポンの原風景を見つけた! 小川で釣る。七色のタナゴ」。
日本の里の水辺には、小さな宝石が泳いでいる。初夏はタナゴが鮮やかな婚姻色を身にまとう季節。
その鮮やかさは、世界でも一番小さな釣りの対象魚の魅力と、何より“私たちがこれからも残したい自然”を教えてくれる。

第2特集は「アユ釣り開幕」。アユ釣りファンなら誰もが気にする天然ソ上のよしあし。
今期は「良好!」という声が各地から聞こえてくる。
昨年撮り置いていた河津川、碓氷川、藁科川、五ヶ瀬川、一ツ瀬川での実釣記事のほか、
ダイワ鮎マスターズV3の瀬田匡誌さんのアユ釣り一問一答、解禁情報など充実の内容でお届け!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中