川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

川は生きているか?

川は生きているか?

つり人編集部=写真と文

最近、寒バヤ釣りという言葉を
めっきり耳にしなくなった。
河川のコンクリート化により
ハヤ(ウグイ)の生息数が減り、
河床が埋まったことにより
寒バヤ釣りに適した淵が
川から消えたことが要因だろう。

さて、土日で栃木県の那珂川に行った。
烏山大橋のたもとにあるオトリ店
川魚たけやに行くと
夏期にはオトリアユが泳いでいる養殖池に
無数のウグイが。
syakubaya.JPG
今では幻となりつつある尺バヤも

ご主人に話をうかがうと
目の前の大淵では寒バヤ釣りが盛んで
1日に15?sも釣る手練がいるとか。
そして、尺どころか40cmオーバーのハヤも
時おりサオを絞り込むという。
「よかったら甘露煮を食べていってください」
と言うので店内に入ると
驚愕サイズのハヤの甘露煮が。
kanroni.JPG
特大ハヤの上半身。割り箸と比較してください!

帰りしなに那珂川町小川の川魚屋「林屋」さんに行った。
ここでは威勢よくアユやハヤが炭火で焼かれていた。
uguiyaki.JPG
アイソ焼き

那珂川では腹が赤くなったハヤはアイソと呼ばれ
アユよりも珍重する人が少なくない。
林屋ではアイソをはじめ
天然アユ、ウナギ、ドジョウ、カジカなどなど
およそ那珂川で採れる川魚をすべて扱っている。
しかも繁忙期には予約しないと売切れてしまうほどの人気だ。

nakagawahukan.JPG
川漁文化が残る那珂川の春の風景

都心から日帰り圏内を流れる日本一のアユ釣り場。
那珂川の偉大さを改めて思い知ったのだった。

2007/3/20

2007/3 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中