川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

年末年始こそ、仕掛け作りに精を出す!!

年末年始こそ、仕掛け作りに精を出す!!

つり人編集部=写真と文

メリークリスマス!

みなさん、釣りまくってますか?

去年の今頃は三浦半島でメバル釣りをしていたっけ。
今宵はわけあって、ひとりぼっちのクリスマスイブ。

今年も残すところあと一週間ですね。

さて、釣り雑誌の編集を生業にしているぼくは
当然、子供のころから釣りが好きだった。

でも、年末年始に釣りをするという考えはなかった。
年末年始は、家族や恋人と過ごすものと
子供のころから自然と植えつけられていたのである。

でも、この仕事に就いてから
年末年始もおかまいなしで遠征釣りに行く豪傑が
驚くほどたくさんいることを知った。

最初のころは
「こんな時期に家にいなくて、御家庭は大丈夫なんですか?」
と心配になって、聞かずにはいられなかったが
「ウワッハッハ、俺が家にいたって邪魔なだけさ」
と豪傑たちは豪快に笑い飛ばすのである。

ぼくも、そんな世界に憧れて
入社2年目から、さっそくそれを実行。
伊豆大島で新年を迎えるのが恒例となっていた。

そして、それは結婚してからも続いた。

がしかし、子どもができると
釣行は大晦日までに短縮され
しかも、子どもが5歳になったら
30日までとなり
昨年は、ついに行けなかった。

カミさんは
「いいじゃない、行ってくれば」
と言ってくれるのであるが
どこか、言葉に棘があるような気がしてならないのだ。

所詮、ぼくのような小心者には
豪傑のまねごとは無理なのである。

まあでも
年末年始は釣りに行きたくても
行けないのがフツーですよね!?

というわけで
明日発売の月刊つり人2月号の特集はズバリ
「大公開! 達人たちの勝負仕掛け」
である。
渓流釣り、アユ釣り、フナ・タナゴ釣り
コイ釣り、投げ釣り、沖釣りなど
各ジャンルを代表するエキスパートの
ここ一番に使う勝負仕掛けを
徹底解剖させていただいた。

もちろん、その仕掛けの作り方も
懇切丁寧に解説。

年末年始、釣りに行きたくても行けない方は
ぜひ、月刊つり人2月号の特集を見て
仕掛け作りの研究に精を出してください!!

(山根)

2009/12/24

<< 2009/12 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…

おすすめ記事

釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年7月号

第1特集は「これなら釣れる! ドライフライ・テンカラ」。テンカラは渓流釣りナンバー1のシンプル装備。けれどもいざ毛バリを振ってみると、思うように飛ばないし、どこを流れているのかも分からない。今号ではドライフライ使用のスタイルを提案! 魚がバシャリと飛びつけば興奮度はMAX。羽虫が飛び交う盛期は今! 風薫る新緑の渓へ身軽にダッシュ。第2特集は「スタートダッシュの入れ掛かり河川! アユ釣り開幕2019」。今期は全国的に渇水傾向といわれる中、気になるアユのソ上状況はいかに? 名手たち注目のアユ釣り河川は? いよいよ本格的なアユシーズンに向けてカウントダウン。今年も熱くニッポンの香魚を追う、待望の季節がやって来た。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中