川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

恐怖の光

恐怖の光

つり人編集部=写真と文

50円の魚肉ソーセージをつまみにちびちび飲んで
なんとかやり繰りしているワタシらにとって
仕事で高速道路に乗って100?q走行で10万円ナリの罰金……
これは真夏の怪談以上の恐怖であります。

でも、かくいうワタシもオービスの光に包まれたことがあります。
やっぱり取材の帰り。料金が高いことで名高い横浜横須賀道路でのことです。
SAから出てくる車との合流地点。
合流を妨げないように左車線から右車線へ譲った時に光ったらしい……。
らしい、というのは実感がないからです。

後日、身に覚えのない出頭要請。
オービスの位置は把握しているつもりだし、
その前で飛ばすことはない。
これは何かの間違いだろうと思って、
わざわざ高速道路に乗って三浦方面の警察へ。
しかし、見せられた写真は
津留崎健もかくや!
という鮮明な写真でした。

眠気を覚ますためか
ひとりでハンドルを握りながら熱唱し、
ソウルフルにシャウトしているアホが克明に写しだされていたのです。

「これ、あなたではありませんか?」
そう聞かれて反論の余地はありません。
ナンバープレートまできっちりと読み取れます。
なぜここで……? という疑問は残りましたが
移動オービスということで納得。

オービスの悲しいところは
パトカーに捕まったときのように
「本当は●●?q出てたけど●●?qにしといたから」
といった融通が全く利かないこと。
たしか1~2?qの差で区分が変わり、
一気に罰金が高くなったと記憶しています。

とはいえ、それはもう7年前の出来事。
今に比べれば罰金も安かったはず。

残暑厳しき折
ヤマネの怪談で暑気払いをしました。
くわばらくわばら……。









2006/8/15

2006/8 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中