川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

春はバチ抜けで大忙し

春はバチ抜けで大忙し

つり人編集部=写真と文

IMG_2141.jpg
これはフライフィッシャー編集部が釣った1尾。ワタシはワームです


Yのあと水曜日を担当するのはAです。
さて、何を書こうかと考えたけど、
やっぱりこの時期は湾奥のバチ抜けシーバスです。
わが社にも、この時期だけはシーバスを追いかけるという輩がゾロゾロ。
特にフライフィッシャー編集部は異様な盛り上がりを見せています。
やっぱりトップで水面が炸裂する単純明快さが受けているのでしょう。
ちなみに下町生まれのワタシ、このバチ抜けシーバスは
学生の頃からだから、かれこれ15年以上楽しんでいるわけですが
ちっとも進歩しない(笑)。
バフッ! ボコッ! ピョーン(←ルアーだけ吹き飛ばされている)
てな感じで、出方だけはド派手なんだけど、フッキング率が極めて悪い。
しかも、釣り方はノーシンカーワームの表層ピロピロオンリー。
アシストフックを付けても、バイト10に対してフッキング1といったところでしょうか。
ちなみに今晩も某埠頭へと出撃します。
写真のようなサイズが2~3尾出れば満足ですが
どーなりますか。




2006/5/3

2006/5 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中