川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

東京湾でも鯛ラバ猛威!

東京湾でも鯛ラバ猛威!

つり人編集部=写真と文
金沢八景の老舗船宿『野毛屋』さんに行ってきました。
ねらいはようやく大型が釣れだしたマダイです。

野毛屋さんのマダイといえば
エビシャクリが有名ですが
昨年からラバージグでもねらえるようになったのです。

黒川勇治船長によれば
数ならエビ、でも大型ならラバージグに分があるといいます。
今回の取材でもその言葉どおりの結果になりました!


エギングでおなじみながら、ここ数年は鯛ラバにハマりまくりの笛木展雄さんが3.8キロの美しい大型をキャッチ!


最初はロックフィッシュ地獄特製のロックフィッシュ・ロンTで頑張っていた笛木さん。漢釣貫徹して怪物退治を果たしました!


もちろん、ラバージグだけではありません! エビエサのシャクリ釣りでも2.5キロの良型が! 釣り人は横浜市の渡瀬さん


笛木さんは鯛ラバ専用ロッド『ソルティーラバー』のプロトロッドであるスピニングモデルを使用。ロッドが海中に突き刺さる強烈な引きがたまらない!



観音崎沖で出た3.8キロ! 『ソルティーラバー』の100グラムにヒット。潮の速い浦賀水道では浮き上がらない重さのラバージグが有利のようです



当日は3.9キロという大型もラバージグで飛び出しました。釣り人は川崎市の浜村さん。ラバージグは『アンサー』の90グラム


笛木さんは1.8キロも手にしてサオ頭!

そんな絶好調な東京湾の鯛ラバですが
ワタシはどうだったかといえば……
書きたくありません……
取材のほかに有給休暇まで使っていきましたが……
釣れる人には釣れるけど
釣れない人には釣れません。
でも、行かなければ釣れません。
アタリがないと心が折れてしまう釣りですが
信じて落とし続けましょう。
信じて巻き続けましょう。
特にラバージグは来れば大型が多いので
ワタシの代わりに強烈な引きを味わっちゃってください!
(天野)

2008/6/5

<< 2008/6 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2018年3月号

“春、心を癒す谷あそび”と題して今月の特集は渓流解禁。実釣では長野県・雑魚川、埼玉県・荒川を取り上げている。これから渓流釣りをやってみたいという人向けにはエサ釣り、テンカラ、ルアーフィッシング、フライフィッシングの入門記事を掲載。そのほかウエアやウエーダーの選び方、カワムシの取り方、全国の主要漁協を網羅した解禁情報など解禁を強力にサポートする内容になっている。また巡ってきた春。祝、渓流釣り解禁! “寒の季節の安・近・短 ワカサギ&タナゴ”も必見。霞ヶ浦の寒タナゴ、グルテンの使い方、今大注目の神奈川県・津久井湖のワカサギ釣り、紅白サシのエサ実験を掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中