川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

東京湾の海中では春メバルが満開!

東京湾の海中では春メバルが満開!

つり人編集部=写真と文

街を歩いていると、ちょっと汗ばむくらいの陽気。
春本番で、海でも山でも魚たちの活性があがっているようす。

つい先日は、春を告げる魚と書く
メバル釣り取材へ。
長崎屋.jpg
今回お世話になったのは、長崎屋さんでした

取材当日はちょっと寒く、大丈夫かな? と思いましたが、
さすがは大塚貴汪さん。
次々と良型のメバルをあげ、クーラーボックスはすぐに一杯に。

春告魚.jpg
どうです、このぷっくりしたお腹の春告魚ちゃん!
今夜の晩餐を考え、ついついヨダレが…


ほかの人よりも、ちょっと短めのサオをチョイスした大塚さんでしたが、
見ているとそのほうが断然使いやすそうでした。
ちなみにモデルはダイワの『アナリスター メバル 240』。
普通はグーッとサオが絞り込まれ、向こうアワセで掛かるメバルですが、
感度のよいこのロッドなら、その前に魚が軽くエサをくわえた感触も分かるとか。
「お、2尾目が来たね」
「今のは底に軽く当たった感触だな」
など、いろいろ解説していただくうちに、
僕もついつい欲しくなりました。
メバルの引き.jpg
これが『アナリスター メバル 240』。
メバルの強烈な引きには粘りのある胴が対応


そして帰りには、例のごとく大塚さんからメバルをいただき、
夕飯に刺身や煮付けにして食べました。
その味は……
いや、あまり書くと編集長が「なんで持って来ないんだよ!」
と怒り出すので、ここでは書かないほうがいいか……。

ちなみに月刊つり人に掲載されている
大塚さんの連載『沖釣り応援団』は、4月25日発売の
6月号、このメバル釣り指南で最終回。
「ええっ! なんで!?」
と思う沖釣りファンもいらっしゃるかと思いますが、
ご安心を。
7月号からはリニューアルし、
大塚さんの、より中身の濃いテクニック解説を
掲載する予定。
最初はマダイの予定ですので、
ご期待ください!



2007/4/14

2007/4 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年3月号

2019年の渓流釣りもいよいよ開幕。今月のつり人の特集は「夢空間の“ルート”&“釣り方”を一挙公開! いつか釣りたい百名山の渓」。身を置くだけで心が洗われるような日本の渓流。その環境を育むのは、列島に連なる数多くの山々だ。冬を終え、木々も生きものたちも目覚め始める春からの川。とびきりの魚たちと、今シーズンも出会いたい。百名山の渓流ガイド、郡上本流のアマゴ術、大ヤマメ・大アマゴハンターの大ものの心得、山ナイフの勘どころ、2019年渓流解禁情報などをお届け。
そのほか、堤防メジナ釣り、厳寒期のコマセワーク、渚クロダイレポート、寒タナゴ釣り、グルテンエサの勘どころといった旬の釣りも充実。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中