川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

東京湾大感謝祭×タレントフィッシングカップ

東京湾大感謝祭×タレントフィッシングカップ

つり人編集部=写真と文



10月21~23日、神奈川県横浜市の赤レンガ倉庫の広場を中心に
東京湾大感謝祭が開催されました。

「東京湾の恵みを再生するのであれば、まずはその恵みに感謝することから始めたらどうか」
こんなテーマのもと官民が一体となって始めた東京湾の感謝祭。
第4回目となる今回は過去最高のにぎわいでした。





大盛況に一役買ったのは「TFC(タレントフィッシングカップ)」。
つるの剛さんが主催するイベントです。
芸能界の釣り好きが参加する大会で今回は30名が参加。

まずは山下公園のゴミ拾いから始まり





その後アジ部門とシーバス部門の6船に分かれて釣果を競いました。




ワタクシは哀川翔さんがキャプテンのシーバス船に同船。



メンバーは哀川翔さん、篠原信一さん、花香よしあきさん、長浜いりあさん、岡田万里奈さんの5名。
みなさん気合い充分で出船したものの・・・・・。



なかなかサイズが伸びず。



横浜・川崎のベイエリアをはじめ、東京湾を横断して木更津まで探りましたが大苦戦。

しかし女性陣は奮闘!






シーバス部門の結果は、つるの剛さんが66.5cmを釣りあげて優勝。
14年続くTFCで主催のつるのさんが優勝したのは今回が初めて。



「初優勝とらせていただきました。東京湾はやっぱりサイコーです!」

と喜びを語ります。
ちなみに東京湾は全国一のスズキの漁場といわれています。

5尾の合計重量で競うアジ部門の優勝は、
タレント保田圭さんの夫でイタリア料理研究家の小崎陽一さん。



堂々の1084gのうち1尾が40cmを超え、勝負を決めました。
ちなみに湾アジは秋から冬が最高潮に脂が乗って美味しい季節です。




23日は赤レンガプロムナードで「親子ハゼ釣り教室」が行なわれ
親子20組40名以上が参加。
ハゼは各所でブルルンという小気味よい引きを楽しませ
子どもたちの笑顔も弾けます。





東京湾の恵みを多くの人が体感したお祭りは大盛況のうちに閉幕となりました。


(サトウ)










2016/10/24

<< 2016/10 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…

おすすめ記事

釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年11月号

「これで分かる! 秋の素朴な釣り 始め方Q&A」。暑さが一段落し、どこかほっとすると、心癒される身近な釣りに出かけたくなる。タナゴ、マブナ、オイカワ、ワカサギ、コイ、ハゼ。今号の特集は、行きたい水辺がきっと見つかるシンプルで奥深い釣りのベーシック集。その釣りの基本的な知識、道具選び、仕掛け作り、釣り方、生態などを幅広く紹介。 そのほか、秋シーズンを迎えたカワハギ釣り、タチウオ入門、キハダマグロ挑戦記、秋磯入門などをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中