川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

榛名湖ワカサギ爆釣+気になるアイテム

榛名湖ワカサギ爆釣+気になるアイテム

つり人編集部=写真と文
群馬の松田克久さんから連絡があり
榛名湖でワカサギを1100尾釣ったという。
もちろん、穴釣りで。

松田さんといえば
2007年はシマノジャパンカップ鮎を全国制覇し、
アユ釣りのエキスパートというイメージが強いが
実はワカサギもアユに負けず得意。

釣行日は解禁日2日目の2月7日。
バスプロの川口直人さんも同行していたそう。
川口さんもワカサギフリークだとは知らなんだ。



今、まさに釣り上げられるワカサギの決定的瞬間

ところで、上の写真は
オリンパスの防水コンパクトデジカメ
ミュー850SWで撮影したもの。

名刺サイズのコンパクトながら
同シリーズは機種により
5m、10mといった防水機能が付いている。

一昔前は水中撮影というと
専用の道具が必要で
なかなかアマチュアにはできなかったが
このデジカメの登場で
水中撮影の敷居がとても低くなった。

で、3月に同機種の最高峰が
新たにリリースされることになった。
その名は
μ1030SW


10mの防水に加え
マイナス10℃までオーケー。
ワカサギの穴釣りにも対応できる。
しかも、広角28ミリというから
水中撮影が、より快適に
よりダイナミックに行なえる。

解禁から爆釣が続いている榛名湖に
同機種を携えて行ってみようかな。(山根)

2008/2/17

<< 2008/2 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年2月号

特集は「極小仕掛けの作り方からショップ紹介、釣り方まですべて掲載 冬タナゴ ここが気になる!」。小さな魚を、小さな仕掛けでねらってみる「粋」な釣り。買い物ガイドから、新作の小バリを使った実釣、各地の野のタナゴ釣りレポート、さらにこだわり仕掛けを自作するためのヒントまで今役立つ情報を網羅した最新版のタナゴ釣りガイド。第2特集は「ほっこり温まる冬のごちそう 編集部おすすめ 旨い! 釣魚鍋」。寒い冬はやっぱり鍋に限る。釣り人の特権である新鮮な魚を使って楽しもう! 編集部がおすすめする鍋を3つ紹介。そのほか「管理釣り場のルアー&テンカラ」、「どうすれば強い? PEの結び」など充実の内容でお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中