毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

水辺の怪談2

水辺の怪談2

つり人編集部=写真と文

怪談は好きだが、
霊感はない。
でも、不思議な体験ならいくつかある。

学生時代、友人と4人で北海道にマス釣りに行った。
支笏湖へ注ぐある川の上流部の河畔にテントを張った。
ルアーでマスをねらったがちっとも釣れず、
尺上のウグイがよく釣れた。
これが、よく引くのって。

で、夜。お約束の怪談。
「知ってるか、支笏湖の語源。死の骨の湖らしいぞ。
死骨湖。潜るとな、動物の骨が湖底にいっぱいあるんだって。
泳いでそれを見ると死んじゃうんだってさ。
実際、多くの人が亡くなっているんだぞ。
まあ、遠浅から一気にドン深になるから、
ブレイクラインで水温が急激に下がるんで、心臓麻痺になるんだよ。
だから死骨湖ってわけだ」
そんな話を毎晩のようにして20日間を過ごした。

夜の帳が降りるとテントは漆黒の闇に飲み込まれる。
周りは鬱蒼とした森で、
とても1人で外へ出ようなどと思わない。
どうしても用を足したくなったら、
誰かに付き添いを頼む。
皆、怪談が好きなくせに怖がりなのだ。

上質な怪談で夜通し誰一人としてテントから出られなかったある朝。
朝マヅメをねらいにテントから出ると、
信じられない物体がテントの目の前に鎮座していた。

巨大なウンコだ。

なんだ、クマでも来たのか!?
そんなワケあるはずがなかった。
なぜなら、ウンコの上にはティッシュが丁寧に置かれていたのだ。

メンバーのものではないことは明らかだ。
皆、否定したし、なにしろテントから一歩も出ていないのだから。

あれから15年が経つが、
あのウンコがなんなのか、未だに分からないままである。


2006/7/6

2006/7 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中