川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

江戸っ子フィッシングライター現る

江戸っ子フィッシングライター現る

つり人編集部=写真と文
まったりとした昼下がりの編集部に
葛島一美さんが自転車でふらりとやって来た。

台東区上野で生まれ育った
生粋の江戸っ子だ。
月刊つり人はじめ
多くの釣り雑誌で活躍している
釣り専門の熟練フリーライターということで
守備範囲はかなり広いが
自身が好きなのは江戸前の釣り。

中でもハゼ釣りには目がない。

また、
江戸和竿の歴史、美しさ、職人の生き様に迫った
「平成の竹竿職人」をはじめ
和の釣り具のぬくもりと魅力を
あますところなく紹介した
「釣り具クラシコ」
アユ・渓流釣りの結び方を網羅した
「アユ釣り渓流釣り必修結び方図鑑」
など、名著も多い。



新著を手にご機嫌の葛島一美さん

写真の御大が手にしているのは
今月発売になったばかりの著書
「里川のフナ釣り」



疲弊した格差社会と都会の喧騒から逃れ
「たまには、童心にかえってフナ釣りでも」
という方に、おすすめです。

今度のゴールデンウイークあたり、
ぶらりとフナ釣りなんてどうですか?
(山根)

2008/4/25

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中