川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

男たちの新橋

男たちの新橋

つり人編集部=写真と文

それにしても
この春の気象は異常だ。
なぜ、連日のように雨が降る。
なぜ、連日のように風が吹く。

せっかく段取りした取材が
次々と中止を余儀なくされる。

今日もそうだ。

本来なら、都心からクルマで
3時間ほどのk川へ行くはずだった。
ヤマメの尺上どころか、
40cmオーバーがコンスタントに出ているのだ!

しかし、この雨ではどうにもならん。
長年連れ添ったニコンF3チタンならまだしも、
昨今のひ弱なデジカメは水に弱い。
(50万円以上する防塵防滴に優れたハイスペックモデルは別だが…)

やむなく、取材は仕切りなおし。
そぼ降る雨の神保町へ。

野郎だけということもあるのか
雨の日の編集部はやたらと蒸し暑く
椅子に座っているだけで汗が浮き出てくる。

「あ~、喉渇いた」

というわけで、野郎4人で新橋へ繰り出した。

新橋というと聞こえはいいが、
我らが向かうは負け組み御用達の
ラーメン屋に毛が生えたような中華料理店。

家では節約のためビールは飲まないが、
みんなで頼めば怖くないとばかりに
最初は生ビールで乾杯。
その後は、ぐるナビクーポン券と引き換えに
無料でついてきたつまみを食べつつ、
ネガティブ自慢に華が咲く。

「オレはまだ3食ありつけるだけ幸せだよ。
○○なんて米すら買えないらしいぞ」
「いや、まだいいよ、○○なんて、
家賃3万円のアパートに住んでるんだけど
引っ越したときトイレに花束があったらしいぞ」

なんて話に勇気付けられた勢いで、お会計。

緊張の瞬間。

伝票の下部に目を走らせると
10100円という数字。

痛ッ!

やっぱり新橋は高いゼ。
一番よく食べた僕ともう一人が3000円を
払おうとすると、
「いいよ、均等にいこうと」
と神の声。

「マジッっすか、いいんすか」
と相手の気が変わらないうちに、お釣りの500円を握り締めた。

うれしかった。

ささやかな男気に心が潤った34歳の春。

2006/5/18

2006/5 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年4月号

特集は『渓流釣りなんでもQ&A』。これから始めたい入門者から、もう一歩上へのステップアップを果たしたい中級者まで、今号は、みんなに役立つ「渓流釣り」の悩み解決を大特集。宝石のようなヤマメやイワナが、いよいよ動きだす季節。楽しき渓流ワールドへ、読んでスッキリの回答で案内。
そのほか、岩手県・岩洞湖のワカサギ釣り、これから好機を迎える投げ釣りでねらうカレイ、へっぽこ編集部員が名手に弟子入りするタナゴ釣り道場など旬の釣りをお伝え。今号から短期で連載がスタートする「池の水ぜんぶ“は”は抜くな!」も必見。第1回は池田清彦先生に外来種問題の現在を聞いた。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中