川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

目指せ寿司職人

目指せ寿司職人

つり人編集部=写真と文

ニュージーランドで釣りというと
ニジマスやブラウントラウトのルアー・フライフィッシングを
イメージされる方が多いと思う。

ぼくも学生時代に一度
トラウトをねらって北島に行ったが
トラウトはたいした釣果に恵まれなかった。
で、その時に観光気分で船釣りにトライしたのだが
釣れる釣れる。
マダイが入れ食い状態なのだ。
外道でくるアジがこれまたデカく
東京湾走水沖の50センチクラスを彷彿させる巨アジだった。

で、今の仕事に就いてから
今度はトラウトねらいではなくマダイねらいで
再びニュージーランドの北島に行った。
しかも船釣りではなく磯釣り。
向こうにもジャパニーズ方式の「渡船」があるのだ。

コロマンデル半島の先端付近から出船。
湾口部に周囲500~1000mくらいの島々が点在していて
雰囲気的には五島列島の下五島の磯のよう。

エサは釣具店で購入したカツオの切り身や
スーパーで購入したエビ。
そして、磯から空サビキを垂らして釣った(いくらでも釣れた)小アジ。

どのエサでもマダイがヒット。
本当はメーター級をねらっていたのだが
いかんせん40センチ前後のマダイが入れ食いになってしまうのだ。

で、マダイのアタリがピタッと止んだ。
おっ、なんか回ってきたかな……。
と思っていたら、今度は3~4キロのシマアジが入れ食い。

2号の磯ザオでやっていたため
このクラスのシマアジが掛かると
サオがミシミシきしみ
1尾釣るのに汗だらだら。
4~5キロのヒラマサがたまにヒットしたが
シマアジの引きに比べると
ヒラマサがやさしく感じられてしまう。

さて、釣りあげたマダイとシマアジをコテージに持ち帰り
調理場でさばいていたら
オーナーのニュージーランド人がやってきて
「おお、トレバリー(シマアジ)も釣れたか、よかったな。
こいつは刺身で食べると美味しいぞ」
とご丁寧に教えてくれた。

ニュージーランドでも寿司ブームが起きていて
それまで国内ではアンビリーバブルだった魚の刺身が
普通に食べられるようになっていたのだ。

さて、前置きが長くなってしまったが
ここからが本題。
こんなニュースをウェブで発見。
一流の寿司職人を目指し海外から留学生が急増!

先進諸国で魚食文化が今よりも普及すれば
「クジラやマグロは可哀想だから殺して食べたらダメ」
なんてワケの分からない論理はこの世の中から消滅するだろう。

ちなみに、小社から
江戸前寿司の握り方までを懇切丁寧に解説した
魚のさばき方DVD
今すぐマスター! 魚のさばき方
を販売しております。



講師は港区芝に江戸時代から続く老舗中の老舗「おかめ鮨」
五代目店主の長谷文彦さん。

長谷さんの軽妙なトークと包丁さばきを
とりあえずダイジェスト版でどうぞ!

(山根)



2010/10/6

<< 2010/10 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中