毎月25日更新!

川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

真夏でも楽しめるニジマス釣り

真夏でも楽しめるニジマス釣り

つり人編集部=写真と文

今夏の甲子園はサイコーに面白かった。
個人的には駒大苫小牧を応援していたけれど、
ハンカチの王子は敵ながらアッパレ。
最後は、どっちが勝ってもいいという心境になった。

世間が甲子園で熱くなっているころ、
僕は群馬県の丸沼でニジマス釣りを楽しんでいた。
いや~、涼しいのなんの。
真昼間でも気温21℃ですから~!

風もなく、こちらもサイコーの釣り日和だったのだが、
窮地に立たされてもクールなハンカチの王子にくらべ、
僕は
「チクショー」
「あ~あ、なんだコレ」
「またかよ~(>。<)」
と、頭に血が上りっぱなし。

気合を入れて3ポンド(0・8号)のフロロカーボンラインを巻いて
臨んだのだが、
なにせ日頃、ルアーなど投げ慣れていないため、
バックラッシュのオンパレード。
3g以上のルアーを使えば平気なのだが、
1gのスプーンなど投げようものなら、
クシュッ!
ズズッ!
といった感じで、ラインが芸術的にパーマしてしまうのだ。
スプールにめいっぱい巻いたラインが
みるみる少なくなってしまった。

それでも、
丸沼と大尻沼でなんとか型を見ることができ、
ニジマス釣りの面白さを再認識した。
それにしても
まさか、真夏でもニジマスが釣れるとは思わなんだ。
DSC_0057.JPG
この模様は月刊つり人11月号(9月25日発売)で詳しくお伝えします!



2006/8/21

2006/8 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2018年1月号

特集は「いつか釣りたい! をかなえる完全ガイド マダイの扉」。美しい色彩と姿形から、古来より日本人の生活に、深く関わってきたマダイ。一度は釣ってみたい花形釣魚を大特集。1つテンヤ、タイラバ、コマセ、カゴ釣り、ブッコミなど多彩な釣法を紹介。そのほか、料理、生態、名物船長が語るマダイの真実などマダイ尽くしの内容でお届け。 淡水はコブナ釣りのいい季節。小ブナの生態、釣り道具、仕掛けの作り方、釣り場の特徴、ポイント紹介を掲載。初冬の小ブナ釣りをトータルでサポート。身も心もほっこりする小ブナの数釣りを楽しもう!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中