川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

知っておくべし!ライフジャケットは釣り人を救う

知っておくべし!ライフジャケットは釣り人を救う

つり人編集部=写真と文

昨日、横浜海上防災基地において
『命を守るライフジャケット着用体験会』が行なわれました。

沖釣り、磯釣りなどの取材に行く僕は、
当然ライフジャケットを持っています。
が、よくよく考えてみると
僕の持っている“自動膨張式”のライフジャケットが
どうやって膨らむのか、膨らんだ時の大きさ、浮力など
知らないことだらけ。これではいざという時役に立たないかも……。

というわけで、興味津々で体験会に参加。
まずは、実際の釣り人の事故状況などについて詳しい説明を聞きました。
それによると、

?@事故者は意外にも経験豊かな釣り人が多い
(事故者のうち、約40%が10年以上釣りの経験がある人)
?A磯だけでなく、防波堤でも海中転落などの事故が多い
?B事故が起きた場合、単独釣行より複数で行ったほうが助かる率が高い
?C50代、60代のライフジャケット着用率が低い
?D事故が起きた場合、ライフジャケット着用のほうが生存率が高い

とのこと。
ついでに、以下にあてはまる人は特に注意してほしいとか。

?@自分だけは大丈夫だという人(経験豊かでも事故は多い)
?A防波堤は大丈夫だと思っている人
?B単独釣行が多い人


なんだか怖くなってきた。やっぱりライフジャケットは絶対に着ておこっと。

そしていよいよ体験会。
僕も持っている自動膨張式のライフジャケットの性能は……?

落水.jpg
まずは防波堤、磯、船などからの落水を再現

ライフジャケット膨張.jpg
勢いよく水に沈んだが、一瞬でライフジャケットが膨張

浮きました.jpg
立ち泳ぎなどしなくてもこのとおり

これなら命を救ってくれそうだと納得。

ところで、自動で膨張する仕組みがどうなっているのか
メーカーの方に尋ねたところ、
落水すると、センサー部分に入っている和紙が濡れて、
それによってボンベに穴を開けるスイッチが作動するのだとか。
この和紙は最初から少し湿った状態なので、
ライフジャケットをしまっておく際に、乾燥のしすぎに注意しないと
作動が遅くなるらしい。
もちろん、このシステムが作動しない場合は手動でも膨張させることは可能。

また、最近目にするウエストバック状のライフジャケット。
ライフジャケットは自動膨張して飛び出してくるので、
それを立ち泳ぎなどをしながら首にかけるのですが、
その時使用されていたモデルは背中側ではなく、お腹側に着用していたほうが
水中で首に掛ける作業がスムーズにいくようでした。

これから冬になると、水に落ちてから慌てても手遅れになる場合もあると思います。
せっかくライフジャケットを着用していても、いざという時に使い方が分からなければ
意味がありません。
参加しておいてホントによかった……。

なお、いざという時にはクーラーボックス、ペットボトルなども浮力があるので役に立ちます。

クーラーボックス.jpg
空のクーラーもかなりの浮力

最後に、第三管区海上保安部の方からのお願いです。
?@釣行時のライフジャケット着用
?A携帯電話など連絡手段の確保

(防水パックに入れるなど)
?B事故の際の118番通報
?C気象・海象の充分な把握
?D複数での釣行
?E立入禁止区域内で釣りをしない


いずれも自分の身を守るためのことなので、
マナーを守って安全に釣りを楽しみましょう。
明後日には、僕もライフジャケットを着て
メジマグロ、カツオ釣り取材に行ってまいります!

2006/9/27

2006/9 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2018年12月号

特集は「身近な水辺が魅惑のフィールドに! ここに注目!堤防釣りの極意」。
海岸線を走れば堤防ごとに見える大勢の人の姿。穏やかな日差しを受ける海は最高に気持ちがいい。回遊魚と居着きの魚が種類も豊富に姿を見せる秋は、オカッパリの海釣り入門にも最適なシーズン。今月は堤防を遊びつくすために、エサ釣りからルアーフィッシングまで懇切丁寧に解説。また、関東圏のおすすめ堤防釣り場を20ヵ所紹介している。
第2特集は「鈴なりの快感! ワカサギ釣りABC」。いろんなスタイルで楽しめるワカサギ釣りだが、入門におすすめなのがドーム船。ドーム船の釣り方を解説。そのほか、紅葉の渓流管理釣り場ガイドも見逃せない。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中