川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

編集長たるもの

編集長たるもの

つり人編集部=写真と文

世間はゴールデンウイークで浮かれているようだが
月刊誌を作っている僕たちには無縁である。

本日も当たり前のように出社すると
当たり前のように、編集部にはいつもの顔ぶれ。

サトウは、今日も顔色が悪い。
進行役のマノは
当たり前のように印刷屋との約束を反故にしたサトウを
低く冷たい声で詰問している。

ゴルゴ13を彷彿させる声音だ。

そういえば、
明日はマノとサトウはマルイカ釣りの取材に行くはずだ。

「サトウ、明日はマルイカだったよな」
「はあ、そうですけど」

「いいなあ、マルイカ釣れているみたいじゃないか」
「はあ、そうみたいですね」

「よしっ、じゃあ明日、君たちの帰りを待っているから
マルイカを少し持ってきてくれよ」
「はあ、何のためにですか?」

……。


「なあ、マノ、いいだろう、マルイカ少し…」
「フフッ」

……。

そうだよな、
編集長っていったって
メシをおごるわけでも
酒を飲ませるわけでもないもんな。
毎日、小言ばかりいって
働きバチのように働かせて
俺にマルイカをもらう資格なんてないよな。

俺が前々編集長の元へ
小国川のアユや
鴨居のマダイや
伊豆大島のメジナや
須崎のイサキを
嬉々として献上しにいったのは、
日ごろから、いろいろと面倒みてもらってたからだもんな。

それが、社会ってもんだよな。

でも、
「何のためにですか?」
はないと思うんだけどなあ…
(山根)








2008/4/29

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中