川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

編集長たるもの

編集長たるもの

つり人編集部=写真と文

世間はゴールデンウイークで浮かれているようだが
月刊誌を作っている僕たちには無縁である。

本日も当たり前のように出社すると
当たり前のように、編集部にはいつもの顔ぶれ。

サトウは、今日も顔色が悪い。
進行役のマノは
当たり前のように印刷屋との約束を反故にしたサトウを
低く冷たい声で詰問している。

ゴルゴ13を彷彿させる声音だ。

そういえば、
明日はマノとサトウはマルイカ釣りの取材に行くはずだ。

「サトウ、明日はマルイカだったよな」
「はあ、そうですけど」

「いいなあ、マルイカ釣れているみたいじゃないか」
「はあ、そうみたいですね」

「よしっ、じゃあ明日、君たちの帰りを待っているから
マルイカを少し持ってきてくれよ」
「はあ、何のためにですか?」

……。


「なあ、マノ、いいだろう、マルイカ少し…」
「フフッ」

……。

そうだよな、
編集長っていったって
メシをおごるわけでも
酒を飲ませるわけでもないもんな。
毎日、小言ばかりいって
働きバチのように働かせて
俺にマルイカをもらう資格なんてないよな。

俺が前々編集長の元へ
小国川のアユや
鴨居のマダイや
伊豆大島のメジナや
須崎のイサキを
嬉々として献上しにいったのは、
日ごろから、いろいろと面倒みてもらってたからだもんな。

それが、社会ってもんだよな。

でも、
「何のためにですか?」
はないと思うんだけどなあ…
(山根)








2008/4/29

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中