川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

編集長の豪華ディナー

編集長の豪華ディナー

つり人編集部=写真と文
編集者になりたての頃に
「編集者たるもの
大切な筆者に満足してもらうような店を
和洋中、各ジャンルおさえておくものだ」
と、先輩諸氏からよく言われた。

そういった意味において
僕は編集者として失格かもしれない。
僕にとってのジローとは、すきや橋次郎ではなく
ラーメン二郎だし

ワコーといえば懐石和幸ではなく
とんかつ和幸だし

ソバといったら翁ではなく
富士そばである。

こんな僕であるが
そんじょそこらの編集者には負けないジャンルがある。
店屋物だ。

なにせ15年間、夜毎店屋物を食い続けているのだ。
(自慢してどうすんだ!?)


今宵は冬の定番、鍋焼きうどん

そばや麺は注文数が多いと
どうしてもノビがちになるが
かといって丼物ばかり食べると
メタボ街道まっしぐら。

そこでたどり着いたのは
鍋焼きうどんとカレーうどん。
これならノビても味がしみ込んで旨いし
熱い状態で食べられる。
ざるそば系も無難だが
ただでさえ乾燥している冬場は
そばがカピカピになって涙が出てくる。

次回、店屋物ミシュランは夏場に予定しています(山根)

2008/2/13

<< 2008/2 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

最新号 2018年7月号

第1特集は「癒されるニッポンの原風景を見つけた! 小川で釣る。七色のタナゴ」。
日本の里の水辺には、小さな宝石が泳いでいる。初夏はタナゴが鮮やかな婚姻色を身にまとう季節。
その鮮やかさは、世界でも一番小さな釣りの対象魚の魅力と、何より“私たちがこれからも残したい自然”を教えてくれる。

第2特集は「アユ釣り開幕」。アユ釣りファンなら誰もが気にする天然ソ上のよしあし。
今期は「良好!」という声が各地から聞こえてくる。
昨年撮り置いていた河津川、碓氷川、藁科川、五ヶ瀬川、一ツ瀬川での実釣記事のほか、
ダイワ鮎マスターズV3の瀬田匡誌さんのアユ釣り一問一答、解禁情報など充実の内容でお届け!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中