川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

衝撃の磯マダイ

衝撃の磯マダイ

つり人編集部=写真と文
西伊豆雲見の磯でマダイが爆釣中。

50cmオーバーは当たり前
中には70cm、80cmオーバーも出ている。

磯からのマダイ釣りはとってもスリリング。
ウキが水面から消し込むや
サオは手もとからひんまがり
リールからイトがバラバラバラ~ッと走り出る。


強烈なファイトを楽しませてくれる磯マダイ

満を持して
先週の日曜日に知り合いのK氏が4名で挑んだところ
どういうわけか、この日にかぎってマダイは来ず
しかも、エサ取りのアタリすらなく
4人そろって1尾の魚も釣れなかったとか。

クワバラ クワバラ

が、しかし。
例年、西伊豆における磯マダイの好機は
3~4月。
今年は1月からずっと釣れ続けているため
きっと大きな群れが入っているのだろう。

磯から大型マダイを釣る場合
サオ1本半~2本(7~10m)のタナでねらうのが基本。
辛抱強くこのタナをねらい続ければ
5kg超のビッグワンが1回や2回は当たるはずだ。
それを取れるか取れないかは、ウデしだい。


鼻の穴がふたつ空いた天然もの。放流ものは穴がひとつになっている

磯から釣れるマダイの多くは
各ヒレが長く、色艶が美しい天然もの。

この春は、ゼッタイに5kgオーバーを釣ってやる!(山根)

西伊豆雲見の衝撃の釣果はコチラ

2008/2/14

<< 2008/2 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…
つり人社の刊行物
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019
なるほど!THEワカサギ大全2018-2019 本体1,200円+税 AB判
特集は「心を癒す銀盤へ 氷上釣り最新案内」。陸っぱり、ボート、桟橋、ドーム船、氷上と多様な楽しみ方があるワカサギ釣り。氷上は一筋縄でいかないことも多いが、そのぶん釣った時の喜びは大きい。気難しいワカサギをあの手この手で誘っていると、いつの間…

最新号 2019年2月号

特集は「極小仕掛けの作り方からショップ紹介、釣り方まですべて掲載 冬タナゴ ここが気になる!」。小さな魚を、小さな仕掛けでねらってみる「粋」な釣り。買い物ガイドから、新作の小バリを使った実釣、各地の野のタナゴ釣りレポート、さらにこだわり仕掛けを自作するためのヒントまで今役立つ情報を網羅した最新版のタナゴ釣りガイド。第2特集は「ほっこり温まる冬のごちそう 編集部おすすめ 旨い! 釣魚鍋」。寒い冬はやっぱり鍋に限る。釣り人の特権である新鮮な魚を使って楽しもう! 編集部がおすすめする鍋を3つ紹介。そのほか「管理釣り場のルアー&テンカラ」、「どうすれば強い? PEの結び」など充実の内容でお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中