川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

那珂川で大アユ釣れ始まる

那珂川で大アユ釣れ始まる

つり人編集部=写真と文

「一生に一尾、釣れるかどうか」
と表現されるほど難しいとされる尺アユを
1日に3尾も4尾も釣ってしまう人がいる。
栃木県那珂川で産湯をつかった菊地信孝さんだ。

大アユ釣りだけじゃなく、
トーナメントでも好成績を残す菊地さんの最大の武器はオモリ使い。
日本一と評される菊地さんのオモリ使いを徹底解説したビデオ
オモリ釣り奥秘
の中でも、次々と尺アユが飛び出す。
アユ釣りの経験があり、
このビデオを見て平然としていられる人を僕は知らない。

梅雨が終わりそうで終わらない先週、
菊地さんと共に那珂川へ。
一昨年に菊地さんが31cmを釣ったという黒磯地区へ向かった。
今期の那珂川は例にもれずに増水続きで、
黒磯の荒瀬にはほとんどサオが入っていない状態とか。

この日もまだ10cmほど高く、
普通のタックルでは太刀打ちできないような荒瀬が
轟々と流れていた。

養殖オトリに飴玉くらいのオモリを付けて、
いきなり荒瀬の頭にブチ込む。
気持ちいいくらい豪快だ。
間もなくして掛かったのは20cmクラス。
日照不足により全国的にアユの発育が遅れている中で、
このサイズのアユにお目にかかれるとは正直、思っていなかった。
さすがは荒瀬マスター。

しかし、これはほんのプロローグにすぎなかった。
どんよりとした雲の下、
菊地さんの剛竿が次々と曲がり、
22cm、23cm、24cm、25cmと
真っ黄色の天然アユが次々に飛び出す。
DSC_1059.jpg
7月下旬現在でこのサイズ。あと一ヶ月もすれば、間違いなく尺上が出るだろう

すごいゾ、すごいゾ!
シャッターを切りながら激しく興奮したのは久しぶりだ。

菊地さんいわく、
今期の那珂川は梅雨が明けて3日ほど照り込みが続けば、
とてもいい状況になるとのこと。
オモリどっさり持って、行ったるで~!

なお、この日の模様は月刊つり人10月号(8月25日発売)で、
詳細レポート。菊地さんのオモリ使いを、徹底解説します!

2006/7/30

2006/7 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中