川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

釣り好きの直木賞作家、伊藤桂一さん逝く

釣り好きの直木賞作家、伊藤桂一さん逝く

つり人編集部=写真と文
戦記小説「蛍の河」や「静かなノモンハン」の作者として知られる
直木賞作家の伊藤桂一さんが10月29日に逝去されました。
享年99歳。

伊藤さんは釣り好きでもあり、
直木賞受賞作品「蛍の河」の中にも

「季節は春になっていた。ここらは土質の関係からか、河に棲む魚はウナギやカジカの類いも赤土色をしている。兵舎の脇の洗い場の下で、そんな魚が非常によく釣れ、兵隊たちを楽しませた。安野も兵隊と一緒になって魚を釣っていた(以下略」

というような釣りのシーンもあります。

以前、本誌でお馴染みの世良康さんが伊藤さんにとって釣りとは何かをインタビューし
月刊つり人に掲載しました。
それは単行本『釣人かく語りき』にも収録されています。



(『釣人かく語りき』より)

ちなみに、同書には松方弘樹さん(俳優)、矢口高雄さん(漫画家=釣りキチ三平)、
伊勢正三さん(ミュージシャン)、田崎真也さん(ソムリエ)、
田尾安志(元プロ野球選手)、伊東信一郎さん(現・ANAホールディングス会長)
夢枕獏さん(作家)といった
各界を代表する釣り好きの著名人が、ご自身の釣りへの思いを熱く語っています。

今ごろ、伊藤さんは黄泉の国で釣りイトを垂れているのではないでしょうか。
心よりご冥福をお祈りいたします。
合掌。



2016/11/1

<< 2016/11 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中