川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

釣り用最強防水コンデジ登場

釣り用最強防水コンデジ登場

つり人編集部=写真と文

2007年6月のこのブログ
オリンパスの防水コンデジ、ミュー725を手にした衝撃をお届けした。

月刊つり人でも何度か紹介し
多くの釣り人が手にするところになった。

なにしろ、それまでのデジカメにとって水は大敵であり
ホコリなどにも、ものすごい神経を遣った。

ミュー725は名刺サイズでありながら、防塵防滴プラス耐衝撃という
それまでのデジカメの常識を覆した。

それから、同社の防水コンデジシリーズは着実に進化し
他社もこぞって防水コンデジ市場に参入し
各社から毎年のように防水コンデジが発売されるようになった。

正直、スペックを見るかぎり
性能はどれも似たような感じだったが本日
ミュー725の時と同じほどの衝撃を与えてくれた一台が発売になった。

オリンパス Tough TG-1



F2.0という明るい光学系レンズを装備し
12メートル防水。
レンズは35ミリ換算で25-100ミリ。
シャッターは秒間5コマ。
有効画素数は1200万画素。

カメラとしての機能は申し分なく
さらに
高速アシストGPSや電子コンパスを搭載。

撮影後に
グーグルアース上で、その日に移動した軌跡を表わすことができ
しかも、ibという独自のソフトを用いれば
地図上に、写真を撮影した場所に置くことができる。
自分だけの釣り場マップを
いたって簡単に作れるのだ。

さらにさらに
Eye-Fiカードを使用すれば
撮ったそばから、無線でipadやスマホ、無線搭載PCに写真を取り込める。

スーパーマクロモード時にはLED照明を付けられ
極小のミッジもご覧のとおり。



水中もホントきれいに撮れます。



釣り用防水コンデジとしては
現時点で最強といえるのではなかろうか。

(山根)




2012/6/15

<< 2012/6 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新号 2018年5月号

特集は「“野営”と“川釣り”道具学 山里キャンプ」。
焚き火は見つめる人の心をピュアにする。
薪がはぜる音、揺れる炎の持つ不思議なほどの安らぎ。
その暖かさの横で聞く、川のせせらぎもまた格別だ。
自然を五感で味わう、おそらくもっともぜいたくな野営スタイルの1つ。
今号では、本州最南渓の古座川でのキャンプ、アウトドア・コンシェルジュに訊く
自分流キャンプの作り方、最新アウトドアグッズ、早春の里川渓流攻略10の心得、
泊まりで行きたい春渓流……などを取り上げている。
そのほか、乗っ込みの好機到来のクロダイ、マブナ、
沖釣りではマダイ、カサゴ、タチウオなど旬の釣りをお伝え。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中