川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

釣聖逝く

釣聖逝く

つり人編集部=写真と文

恩田俊雄さんが逝去された。

享年91歳。
現在の渓流釣りの礎となった郡上釣りは
恩田さんによって世に広められたといっていいだろう。

釣聖とも呼ばれた。

月刊つり人前編集長の若杉隆は
恩田さんの郡上釣りは、神業だというのが口癖だった。
歴戦の名手を取材してきた若杉は
滅多なことでは驚かない。
それが、郡上釣りのこととなると
子どものように口角泡を飛ばして語った。

一度はお会いしてみたいと
僕が恩田さんのもとを訪ねたのは
10年ほど前。
体調を崩されているとのことで
屋内でお話をうかがった。

決して笑顔を絶やさず、
心の温かい方だった。
そして、眼の光だけが異様に鋭かったのを
今でも覚えている。

次にお会いしたのが6年前、85歳の時。
構えだけでもいいのでと、
無理を言ってサオをだしていただいた。
もちろん、目の前の吉田川だ。

川岸に立つと
顔つきが鋭くなった。
仕掛けを何回か流したが
アタリはなかった。

納竿後、並んでサオをだしていただいた息子の忠弘さんが
搾り出すような声で言った。

「これが吉田川の現実です。
ウグイもろくに釣れなくなってしまった。
天下の名川といわれた馬瀬川だって
成魚放流をする時代です。
その放流トラックを追いかける釣り人たちがいるって……。
雑誌の力でなんとかしてください。
このままでは日本でアマゴ釣りができなくなってしまいます」

その後ろで、恩田さんは寂しそうに笑っていた。
見ているのが辛くなるほど、寂しさに満ちた笑顔だった。

小さな体で郡上ザオを巧みに操り、
サツキマスをこともなげに取り込んでしまう釣聖。
古代から綿々とつむがれる釣り史に
その名が大きく刻まれることは間違いない。

心よりご冥福をお祈りいたします。
合掌













2007/1/14

2007/1 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…
つり人社の刊行物
渓流 2019 春
渓流 2019 春 本体1,800円+税 A4変型判
2019年の春号では、「源流完全遡行」をテーマに、東大鳥川西ノ俣沢、信州・魚野川の釣行記を掲載。前者は遡行難易度5級の厳しい渓で、後者はナメ滝が連続する美しい流れ。対照的な2河川について、源頭までの遡行をレポートします。 さらに、フェルト派…

最新号 2019年4月号

特集は『渓流釣りなんでもQ&A』。これから始めたい入門者から、もう一歩上へのステップアップを果たしたい中級者まで、今号は、みんなに役立つ「渓流釣り」の悩み解決を大特集。宝石のようなヤマメやイワナが、いよいよ動きだす季節。楽しき渓流ワールドへ、読んでスッキリの回答で案内。
そのほか、岩手県・岩洞湖のワカサギ釣り、これから好機を迎える投げ釣りでねらうカレイ、へっぽこ編集部員が名手に弟子入りするタナゴ釣り道場など旬の釣りをお伝え。今号から短期で連載がスタートする「池の水ぜんぶ“は”は抜くな!」も必見。第1回は池田清彦先生に外来種問題の現在を聞いた。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中