川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

魔味に遭遇

魔味に遭遇

つり人編集部=写真と文

尾瀬に程近い
檜枝岐川(ひのえまたがわ)へ行った。
上流部の山々はすでにちらほらと紅く染まり
長袖を着ていても肌寒かった。

本流は成魚放流だったが
支流では日光イワナの原種と思われる
まっ黒なイワナと対面することができた。
地元の古老いわく
昭和40年代までは日光イワナが1日に40~50尾は
本流でも釣れたとのこと。
日光や田島方面へ卸す職漁師もいたそうだ。
P9282526.jpg
ダイナミックな渓相がえんえんと続く檜枝岐川

今回は民宿「かねや」に宿を取った。
檜枝岐村には38軒の民宿があるが
現在、主人が釣った天然のイワナでもてなしてくれるのは
「かねや」さんだけだと村役場の観光課がいっていた。

仕事柄、山間の民宿に泊まることが多いが
正直、宿の食事を心待ちにすることはなくなった。
海沿いの民宿なら、時に極上の魚介類にありつけることもあるが
山間の宿といえば輸入物の山菜料理に
コイのアライや養殖イワナの塩焼き、
冷えたエビの天ぷら、マグロの刺身
などが主で、郷土料理でもてなしてくれるところは滅多にない。

しかし、かねやの夕食には嬉しいを通り越して感動すら覚えた。
全国の名川を釣りあるくキャリア50年の大ベテラン
相吉孝顕さんも、心温まるもてなしに酔いしれていたようす。
イワナはもちろん天然もの。僕と相吉さん、カメラマンの浦壮一郎さん
いずれもサイズは20cmほど。
そういえば、ご主人の星幸弘さんは7寸前後しか釣らないと言っていた。

ワラビやウドなどの山菜は、もちろん地のもの。
天ぷらは山菜がメイン。エビ天はなく、
代わりに妙な形をしたモノが…。
「サンショウウオだす。精力がつきますだす」
と主人。
檜枝岐ではズウというワナでサンショウウオを捕る。
昔は各家庭で捕っていたが、今では4~5人しかいないそうだ。
サンショウウオは精力剤として、また産後の肥立がよくなるともいわれ
村では強壮剤的に用いられたようだ。

見た目こそグロイものの、
サンショウウオはハゼ天のような甘さがあり
エビ天のような歯ごたえがあり
ピリリと山椒をきかしたかのような不思議な味が
いつまでも口の中に残る魔味である。
しかも、卵まで入っていた。
「意外とうまいっすね」
「本当だ、けっこういけるね」

と浦さんと夢中になってサンショウウオを賞味しているときに
写真を撮っていないことに気付いた。

「相吉さん、サンショウウオの写真を…」

古希を過ぎたベテランも、
真っ先に魔味を平らげてしまっていた。

そのほか、米のなかった時代に米代わりに食べていた
という「つめっこ」や、その旨さゆえ庶民には食べることが
ご法度であったという「はっとう」、檜枝岐名物の「裁そば」
など、とても民宿の料理とは思えなかった。
_I3N0116.jpg
きりたんぽのような感じでそば餅が入った「つめっこ」。
具は根菜ときのこ、そば餅のみで味は味噌仕立て。
鳥ダシがよくきいていて家庭料理とは思えない上品な味だった


P9280105.jpg
そば餅の上に砂糖で味付けした荏胡麻をまぶした「はっとう」。
かつてはその旨さゆえ庶民が食べることはご法度だったという


心と胃袋が温まる郷土料理でもてなしてくれた後、
「明日の朝は何時にしましょうか。
燻製にした舞茸を使ったきのこご飯を炊いておきますから」
と75歳の親父さん。
その夜、間違いなく旨いだろうきのこご飯の味を想像すると
興奮してなかなか寝付けなかった。

美味しい料理を食べられることは幸せだ。
では、美味しくない料理を食べることは不幸せなのだろうか?
人間も所詮は自然界の中の動物の一種である。
食べ物にありつけるだけで幸せなのではあるまいか。

翌朝、六地蔵の前を通り過ぎた時、胸が締め付けられる思いがした。
檜枝岐村では寒さゆえ米が今でも作れない。
わが国屈指の豪雪地帯でもあり、昔は頻繁に飢饉に見舞われた。
往時は餓死する村人も少なくなく、
飢饉の年には「間引き」が行なわれたというのだ。
そのため、道端には六地蔵をはじめ
○○童子や○○童女という墓標が至る所にあった。

自分たちが生きるために「間引き」をする。
そんな時代が、そう遠くない昔にあった。
僕達はそのことを絶対に忘れてはならないと強く思った。
P9280072.jpg
檜枝岐村の六地蔵









2006/9/29

2006/9 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年9月号

特集は『お手軽「テンカラ釣り」、「川泊まり」ノウハウ満載 ひんやり楽しい、夏休みの渓谷』。
例年にない早い梅雨明けのあと、高気圧が列島にダブルで覆いかぶさっている今夏。おすすめはなんといっても、涼しい山への積極的な逃避。渓沿いの歩きは、下界と違って汗が釣果に結びつく。少しのクールダウンのあとは、無垢なイワナと存分にやり取り。歩いて、泊まって、釣って遊ぶ。素敵な夏休みはいかが?
第2特集は『始め方&激ウマ料理が分かる! 
テクニカルに楽しむ真夏の重量級 タコエギングをやってみよう』。東京湾でも一気に浸透してきた、関西流の餌木を使ったマダコ釣りの基本と、さらに酷暑を乗り切るお手軽レシピをまとめて紹介。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中