川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

魚を上手にさばくためには…

魚を上手にさばくためには…

つり人編集部=写真と文

やたらと腹が減る季節になった。

食べても、食べても、まだ食べたい。
昼食を食べ終えた5分後には
夜は何を食べようかしらん
と考えているていたらくである。

さて、この時期、海は美味魚がもりだくさん。
沖では
イナダ、ワラサ、カツオ
マダイ、カワハギ、タチウオetc
磯・堤防からは
メジナ、クロダイ、カマス
アジ、イシダイ、アオリイカetc

釣り雑誌の編集を生業にしているからか
ぼくの周りには
釣った魚を美味しく食べる
グルメフィッシャーマンがたくさんいる。

挨拶がてら
「この間、鴨居で2キロのマダイ釣ったけど
これが旨くてさ~」
なんて
釣って食べた魚の話をする。

ところが、先日
カワハギ釣りに行った新人Oが
「上手くさばけなかったのでフライにしました」
と言う。

カワハギは最もさばきやすい魚の一種だと思うが
魚をさばいた経験のない人には難しいのだろう。
聞けば
まともな包丁など持っておらず
フツーの文化包丁でさばこうとしたらしい。

このブログを読んでくれている方の中にも
魚をさばけない方がいるかもしれないので
アドバイスをひとつ。

魚をさばくのは決して難しくない。
上手くさばけないのは、ズバリ包丁である。
よく研いだ出刃包丁があれば
思いのほか簡単に魚はさばけるのである。

包丁には各種があるが
まずは刃渡り20センチほどの中出刃。
これ1本あれば、ほとんどの魚に対応できる。
正本、有次といったブランドものであれば
一生のパートナーとして使える。


あとは刺身用の柳刃包丁が欲しいところだが
カワハギやフグの薄造りをするには
ぺティナイフのほうが上手にできる。




薄造りぺティーで造ったカワハギの薄造り

釣り人たるもの
釣った魚は自分でさばこう。
「上手にさばけない」
と思っている方は
ぜひ、ちゃんとした包丁で挑んでいただきたい。

魚をさばけるようになれば
釣りがますます楽しくなる。

「また釣りに行くの?」
というそれまでの家族の白い目線が
「がんばって釣ってきてね」
と暖かいものになることうけあい。

アジ、アナゴ、カワハギ、
カレイ、サヨリ、シロギス、
マダイ、マゴチ、メゴチ、
スミイカ、ヤリイカの
全11種のさばき方を収録したDVD
魚のさばき方も好評発売中ですので
包丁をそろえるのと同時に
コチラもおすすめします。
(山根)


2009/11/5

<< 2009/11 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年8月号

特集は「お手軽度100%のおいしい野遊び“テナガエビ”と“ワタリガニ”」。
水面下でスーッと動きだすウキの先に期待する手応え。
おびき寄せた相手を網でからめとるという興奮。
お手軽だが、本当はやるほど真剣になる。
今が旬、これからが旬の、川と海のハサミの持ち主は、とびきりの食味というご褒美までくれる最高のターゲットだ。
釣り方からポイント紹介まで完全ナビゲート。

第2特集は「2018アユ釣り最新動向」。
岐阜県長良川を舞台に解説する激戦区の効率的シューティング、今注目のハチハン(8.5m)ロッドのインプレッション、
永久保存版の長良川郡上アユ釣り場MAPなど充実の内容でお届け。
夏休みにおすすめの離島の過ごし方も必見!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中