川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

黒鯛話が止まらない!

黒鯛話が止まらない!

つり人編集部=写真と文

クロダイ落とし込み釣りシーズンもいよいよ終盤戦に突入。
そこで今回は東京湾の腕利きが集まる『東京湾黒鯛研究会』
に所属する大ベテラン・佐藤達夫さんと田村信彦さんを取材してきました。

場所は2人のホームグラウンドである野島防波堤。
田村さんは東京港「福の神丸」の船長で、
この時期は連日休みなしの状態でボート落とし込み釣りをしています。
そんな船長が「師匠」と仰ぐのが佐藤さんです。

1.jpg
田村さんの船釣りの仕事が忙しく、なかなか2人揃って堤防釣りをする機会がなくなったが、当日は久しぶりに仲良く馬ノ背を探った

こんな2人が揃ったら、きっと濃い話が聞けるだろうと
最初から座談会を企画。
さっそくテープを回すと
目からウロコの話が次々に飛び出しました。
カラスガイのこと、カニのこと、ニゴリのこと、ハリスのこと、やり取りのこと……。

聞いているだけでワクワクして
なんだか釣りが上手くなったような錯覚に陥ります。

ところが、話が面白すぎて、カットしてもカットしても
予定していた4ページには収まりそうもありません。
まさに嬉しい悲鳴というやつです。

急きょ6ページを割きました。
落とし込み釣りファンの方はぜひ読んでいただきたい内容です。

15.jpg
当日も44.4cmのクロダイをキャッチ。さすがは師匠!

2006/8/28

2006/8 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中