川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

2011 多摩川ハゼはいかに!?

2011 多摩川ハゼはいかに!?

つり人編集部=写真と文
9月上旬に日本列島を襲った台風12号。

あの時に降った雨の影響で多摩川には強いニゴリが入り
ニゴリが完全に取れる前に台風15号が直撃。

結局、9月の1ヵ月間はほとんど濁りっぱなしである。

これから最盛期を迎えるハゼは大丈夫だろうか。

彼岸も過ぎたことだし
ちょっくら釣査してこよう。



というわけで、六郷エリアから見て回ったが
ニゴリに加えてヘドロが岸辺に堆積していて
苦戦は必至。

できるだけニゴリの影響が薄い大師橋下流の
最下流部エリアに入釣。

しかし、本調子には程遠い状況。

岸辺は全く生命感がないので
チョイ投げねらう。

探ってもアタリがないので
置きザオにしていると
小気味よくサオ先が絞り込まれる。

正体はセイゴだ。



上げ3分からは
いいペースでセイゴが当たる。

たまに違う引きで当たってくるのはハゼ。



ハゼはいずれもデカい。

例年であれば、今頃は5~10センチのハゼが
入れ当たりになるのだが。。。

結局、ハゼはツ抜けも叶わず。

2011年のシーズンはすでに終わってしまったのか。

それとも、ニゴリが取れれば状況は回復するのか。

次の大潮回りにもう一度釣査してみたい。

(山根)





2011/9/28

<< 2011/9 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新号 2018年7月号

第1特集は「癒されるニッポンの原風景を見つけた! 小川で釣る。七色のタナゴ」。
日本の里の水辺には、小さな宝石が泳いでいる。初夏はタナゴが鮮やかな婚姻色を身にまとう季節。
その鮮やかさは、世界でも一番小さな釣りの対象魚の魅力と、何より“私たちがこれからも残したい自然”を教えてくれる。

第2特集は「アユ釣り開幕」。アユ釣りファンなら誰もが気にする天然ソ上のよしあし。
今期は「良好!」という声が各地から聞こえてくる。
昨年撮り置いていた河津川、碓氷川、藁科川、五ヶ瀬川、一ツ瀬川での実釣記事のほか、
ダイワ鮎マスターズV3の瀬田匡誌さんのアユ釣り一問一答、解禁情報など充実の内容でお届け!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中