川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

2018アユ釣り開幕速報!

狩野川アユ釣り試釣速報!

つり人編集部=写真と文
P7028961 写真はイメージです


5月1日に和歌山県有田川と日高川でアユ釣りの早期解禁が実施されました。


有田川のダム上の放流エリアでは1日からよく掛かっていて
つり人社営業部のO部長ですら23尾という好釣果で破顔一笑。
型もまずまずで20㎝クラスも混じったそう。
50尾を超えている方もいるとのことです。

O部長撮影による2018有田川アユの写真。釣りに夢中でコレしか写真撮ってないそう


昨日、5月7日には友釣り発祥の地といわれる静岡県狩野川で
漁協によるアユ釣りの試釣りが実施されました。

写真 2018-05-08 5 33 59
気温18℃、水温15℃という寒い中での試釣に参加した
つり人社鈴木会長によると、
「川のいたるところにアユの魚影が見られた。狩野川のアユ釣りはここ数年、低迷していたが今年は久しぶりの当たり年になるでしょう」
とのこと。

11~13時の2時間で行なわれた試釣には約30名が参加。
2時間の総尾数は312尾(オトリ込)。
平均釣果10尾。
平均重量27g。
最大魚19.5㎝、70g

天然ソ上はすこぶる多いことに加え、アユの生育も順調のようです。

写真 2018-05-08 5 33 17 写真 2018-05-08 5 33 30 5月7日の狩野川試釣であがったアユの写真



気になる解禁日は、試釣の結果から5月20日(日)に決定しました!

2018年は東日本、西日本、太平洋側、日本海側どの河川も天然アユのソ上がすこぶる良好という情報が入っています。
たいてい、日本海側がいい年は太平洋側がよくないとか
東日本がいい年は西日本がよくないなど、天然アユのソ上はエリアによってバラつきがあるのが普通です。
事前情報とはいえ、今期のように全国的にソ上がいいというのは珍しいですね。

解禁してみないと分からないのがアユ釣りではありますが
「今年は本物だ」
という声が各地から聞こえてきます。

いや~、楽しみですね!

釣り専門出版社のつり人社では、一冊丸々アユ釣りの別冊
鮎釣り2018をはじめ、アユ友釣り関連の書籍やDVDを毎年刊行しています。

こちらが今年の鮎釣り2018の表紙です。

91zKOaobCSL
この他、今が旬のラインナップを紹介します!

各エリアの注目河川の好ポイントを現地に精通するエキスパートが詳細解説した
「いい川」アユ釣り場シリーズ
東北「いい川」アユ釣り場
関東甲信越「いい川」アユ釣り場
東海「いい川」アユ釣り場
近畿北陸「いい川」アユ釣り場
スクリーンショット 2018-05-08 08.40.05

続いて、先日重版出来となった

アユ釣り超思考法
アユ釣りを始めて何年も経った。
雑誌やDVD等で最新情報や釣り道具をゲットし、 それなりに経験を積んでいるハズなのに、今ひとつ釣果が。
「実は釣れなくて困っています!」と本当は言いたい。
けれども今さら誰に、何を訊けばいい? そんな方に贈る、とっておきのステップアップ本。

815ooOEU3ZL
お次は今期発売になったDVDの紹介です。

小沢聡さんと廣岡昭典さん。現代アユ釣り界を代表するテクニシャンのふたりが
お互いの釣りに密着した
DVD鮎 挑発アクション分析
トロ、ザラ瀬、チャラ瀬と、ポイント別に撮影シチュエーションを設定し、
それぞれの ポイントでひとりが釣り、ひとりが後ろから密着して質問攻めにするという構成で制作 しました。
どのような視点でポイントを見極め、テンション、イトの角度、立ち位置などなど、
名手ならではの視点で気になるテクニックを徹底分析。
細かすぎて、DVDでは お伝えしきれないような微妙なところまで熱く語っていただきました。

91oy3H3JwJL
2018年のアユ釣り解禁はもうすぐそこです!
久しぶりの大当たり年になりそうな今期を満喫するためにも
ぜひ、ご活用ください!






2018/5/8

<< 2018/5 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中