川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

2018網走湖ワカサギ釣りレポート

ワカサギ釣りファン憧れの網走湖は2018年も絶好調!

つり人編集部=写真と文
ワカサギファンなら一度は行ってみたいと憧れる網走湖に行ってきました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2018年も網走湖のワカサギは絶好調!

特に朝と夕方(15時くらいから)は入れ食い状態になります。
サイズも名物のシシャモ級が多く混じります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2018年は1月5日に解禁になり、3月21日まで楽しめるとのこと。

場所にもよりますが、水深は3m前後と浅く、手バネタックルでも十分楽しめます。

ハリは1~2号がよく、3~5本で手返しよく釣ったほうが釣果が伸びます。

取材に行った2月3~5日は気温マイナス1~3度と暖かかった(?)ですが
氷点下10度を下回ることもあるので、防寒対策は万全に。
管理棟には貸しテントから穴開けドリル、サオ、イス、仕掛け、エサ(サシ)まで全部用意があるので
その気になれば手ぶらでも楽しめます。


湖畔にはオジロワシが多く生息していて、北の青空を悠然と飛ぶ姿を目にすることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
網走湖は汽水湖であり、ヌマガレイやアメマスもゲストに混じります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
女満別空港からレンタカーで30分程度でアクセス可能なので
オホーツクの流用見物がてらワカサギ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  
 

 
<< 2018/2
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新号 2018年3月号

“春、心を癒す谷あそび”と題して今月の特集は渓流解禁。実釣では長野県・雑魚川、埼玉県・荒川を取り上げている。これから渓流釣りをやってみたいという人向けにはエサ釣り、テンカラ、ルアーフィッシング、フライフィッシングの入門記事を掲載。そのほかウエアやウエーダーの選び方、カワムシの取り方、全国の主要漁協を網羅した解禁情報など解禁を強力にサポートする内容になっている。また巡ってきた春。祝、渓流釣り解禁! “寒の季節の安・近・短 ワカサギ&タナゴ”も必見。霞ヶ浦の寒タナゴ、グルテンの使い方、今大注目の神奈川県・津久井湖のワカサギ釣り、紅白サシのエサ実験を掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中