川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

『渓流』2019夏号好評発売中! 連動動画「瀬畑雄三の火おこし術」も公開

源流釣行に欠かせない焚き火を特集!

つり人編集部=写真と文
keiryu-banner
『渓流』では、源流釣行記がほぼ毎号掲載されています。そして源流に欠かせないのが焚き火。夜に焚き火を囲んで宴会をすることこそが目的だという筆者もいるくらいです。

 誌面でも紹介しましたが、アメリカの小説家であるジャック・ロンドンが書いた掌編に、『火を熾す』という名作があります。極寒の地で、文字どおり火をつけようとする男を描いたものです。

 限られたマッチ。濡れて凍えた身体。燃やせるものはあまりなく、周囲はひたすら続く白銀の世界。そこではマッチを擦るのに失敗しただけで、死が忍び寄ってきます。……まあ結末は本を読んでいただくとして、火をおこすことがいかに大切なことなのか、現代人に思い出させてくれる作品です。

_08O9868
 源流において、焚き火がおこせるかどうかは、時には命にかかわります。そして火をおこしにくい状況でこそ、本当に火が必要だったりします。夏であっても、標高が高いと夜は冷え込むもの。濡れたままでいれば、簡単に体温は奪われてしまいます。料理のためにも、やはり火は必要。もちろんガスストーブを用意しておけばいい話ですが、思わぬトラブルで燃料がなくなることだってあり得ます。手近にある流木を燃やす技術は、いざという時に役立つはず。

 そんなわけで、『渓流2019夏』の特集は「焚き火の夜」。「渓の翁」という異名を持つ、源流テンカラ釣りの名手・瀬畑雄三さんの火おこし術や、最新の焚き火台などを紹介しています。


 ……本当は、瀬畑さんの火おこしネタをもっと大ボリュームにしようと思っていましたが、その方法があまりにシンプルなため、結局ほかの源流釣行記を1本増やしたほど。これまで雨の日も風の日も、焚きつけに使うガムテープを忘れた時だって火をおこしてきた翁は、あっけないほど簡単に火をつけてしまいました。

_08O9850
_08O9639
_Z6I3833
 もちろん誰でも真似できるし、覚えるべきコツもごくわずか。つまり『渓流』を読みさえずれば、誰でも源流釣り歴半世紀以上のベテランと同じように火をつけることができるというわけです。

 ともあれ、一日中渓流を歩き、釣りザオを振った後、仲間と焚き火を囲むのは至福です。そこに苦労して運んだ数本のビールがあれば、なおよし。今夏はそんな源流旅を、あなたも経験してみませんか?

CS2
CS3
 
渓流 2019 夏


令和元年、夏号の特集は『焚き火の夜』。源流釣行において焚き火は、食事の時はもちろん衣類を乾かしたり、周囲を明るくしたり、あるいは揺れる炎が心を癒したりしてくれる大切な存在です。
「渓の翁」こと瀬畑雄三さんの火おこし術や、簡単な焚き火料理、最新の焚き火台、そしてマナーなどを盛り込んだ特集になっています。
そしてもちろん、源流釣行記も掲載。葛根田川の遡行記録をはじめ、今号も美しい渓流をたっぷりの写真で紹介しています。
そのほか毛バリ釣りのノウハウや、秋に挑戦したいサケ釣り記事、そして多摩川源流での砂金採り顛末などを掲載しています。
今がまさに盛期といえる渓流を、とことん遊び尽くすための一冊です!



2019/7/2

<< 2019/7 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019
家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書 2019 本体1,200円+税 A4変型判100ページ
「海でも川でも、生きものを捕まえて、みんなで楽しく遊びたい!」。そんなシンプルな期待に応える、最強バイブルを1冊にまとめました。これからの季節に楽しめる、多彩な水辺遊びを、具体的な種類、ノウハウ、遊び場(釣り場)をセットにして、数々のベスト…

おすすめ記事

釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年12月号

特集は「サビキ 投げ カゴ ウキフカセ ライトルアー アジング エギング 知りたいことが、いっぱいあるゾ! 『堤防の釣り』始め方大全」。秋の堤防は一番身近な海釣りフィールド。風も涼しくなり、穏やかな日が多くなる海に繰り出せば、持ち込む道具と仕掛けしだいで、さまざまな魚たちが待っている。サビキ釣り、チョイ投げ、本格的な投げ大ものねらい、ウキフカセで堤防周りの良型メジナやクロダイ、カゴ釣りでダイナミックに青ものをねらう、ソルトルアーフィッシングでラン&ガンなど、魅力的な釣りがたくさんある。釣り方はもちろん、 「ここに行けば間違いなし!」という釣り場ガイド、堤防用品紹介など、充実の内容でお届け。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中