川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

日帰りではもったいない! 沢泊まりの源流釣りの魅力 ~焚火を楽しむ~

DVD 『魚野川 源流遡行』発売中!

つり人オンライン◎まとめ

イワナ、ヤマメなど美しい魚を追いかける渓流釣りの魅力はいろいろありますが、数日をかけて渓に分け入る源流釣りでは、沢に泊まることも大きな楽しみの一つ。

なかでも沢泊まりならではの楽しみが、焚火。ほとんどの渓畔には、薪となる流木や枯れ枝が豊富に落ちています。

main.00_22_33_13.Still007
main.00_23_01_52.Still008
テント場を決めたら、それらを拾い集めて焚火を熾すのですが、これが慣れないとなかなか炎を安定させることが難しい……。火は扇いで熾すイメージもありますが、実はそれがNGだったりします。

今回撮影で訪れた魚野川源流では、長野県北東部の秋山郷から3泊4日の日程で、水源である志賀高原の稜線まで遡行。夜はタープを張って、焚火を熾して過ごしました。

main.00_27_05_54.Still011
焚火の役割は、調理と暖房を兼ねます。米を炊き、イワナを焼いて、お湯を沸かす……。そして日が落ちると真夏でも肌寒い谷の底では、火があるだけで驚くほど安心感が違うものです。

魚野川遡行の模様をまとめた本作では、そんな焚火の熾し方についても解説。火付けの方法は? 薪の並べ方は? 長年各地の源流を歩いてきた丸山剛さんは、焚火をきれいに燃やすコツは、何といってもその下準備にあると話します。

main.00_23_46_57.Still009
main.00_25_01_05.Still010
日帰りでは訪れることのできない、どこまでも森が広がる源流域のイワナ釣り。魚野川上流部のナメ滝連なる美しい渓相の釣りとともに、そんな場所をより濃密に、そして快適に楽しむための技も必見です。

main.00_36_46_10.Still014
main.00_35_11_48.Still013
main.00_31_13_02.Still012

生命感の漲る初夏の魚野川。沢泊まりを楽しみながら最上流を目指す


価格:本体3,600円+税
DVD-65分


東に新潟、南に群馬の県境に近い長野県北東部。その山深い地域に谷を刻んでいるのが、中津川支流、魚野川の源流部。古くは秋山郷や周辺地域のイワナの職漁師たちが仕事場としてきた流れで、そこへは今でも自分の足を使わなければ訪れることはできません。 今でも、イワナの魚影豊かな釣り場として足を運ぶ釣り人も多い源流域ですが、今回はそんな魚野川の遡行を、3泊4日の日程で計画。目標はイワナを釣りながら源頭部を目指し、さらに稜線まで詰め上げること。 メンバーは別冊『渓流』でも活躍する源流カメラマン・丸山剛さん、同誌の筆者でもある渡邉大樹さん。原生林が川面に迫り、生命感の漲る初夏の魚野川を、ゆったりと沢泊まりを楽しみながら最上流を目指して釣り歩きます。

shiohigari-h1-SHOEI


2019/5/9

<< 2019/5 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
葛根田川 源流遡行
葛根田川 源流遡行 本体3,600円+税 DVD-65分
岩手・秋田の県境に位置する八幡平の曲崎山を中心に、東側のブナの森を流れる葛根田川。優しい山容が特徴的なこの地域に谷を刻む源流部ですが、今回は2泊3日の計画でテンカラザオを振りながら沢を遡行。 メンバーは別冊『渓流』でも活躍する源流カメラマン…
釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店


つり人社の刊行物
葛根田川 源流遡行
葛根田川 源流遡行 本体3,600円+税 DVD-65分
岩手・秋田の県境に位置する八幡平の曲崎山を中心に、東側のブナの森を流れる葛根田川。優しい山容が特徴的なこの地域に谷を刻む源流部ですが、今回は2泊3日の計画でテンカラザオを振りながら沢を遡行。 メンバーは別冊『渓流』でも活躍する源流カメラマン…

おすすめ記事

釣りあそびジャーナル 骨抜きの達人Ⅲ
釣り人道具店

最新号 2019年9月号

特集は「やってみたい釣り、行ってみたい川、全部これでOK 夏の川釣り超入門!」。 どんよりとした梅雨が明ければ、いよいよ夏の日差し。最近は困った猛暑も多いが、ひんやりとした流れに浸り、川を棲み処とするたくさんの生きものと触れあえば、大人も子どもも分け隔てなく眩しい季節の一部になれる。テーマはずばり「川ガキに戻ろう!」。ちょっと乱暴なその呼び方には、忘れたくない溌剌さ、元気、夢中で遊び回る大切さが込められている。ターゲットはヤマメ、アマゴ、イワナ、アユ、カジカ、オイカワなど。そのほか、天然ソ上が好調な日本側のアユ釣り最新情報、読めばクールダウン間違いなしの水辺の怪談、釣りエサのひみつなどをお届け。 
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中