川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

『ANA釣り倶楽部』&『Honda釣り倶楽部』、ライフジャケットが当たるキャンペーンを実施中!

国土交通省認定「桜マーク」付きのライフジャケットを今のうちにゲットしよう!

つり人オンライン=まとめ
平成30年から2月1日から、ライフジャケット着用の「全面義務化」がスタート!
『ANA釣り倶楽部』と『Honda釣り倶楽部』では、国土交通省認定の「桜マーク」が付いたライフジャケットが当たるプレゼントキャンペーンを実施中です!
この機会をお見逃しなく。


LIFE-JACKET-KIJI つり人2018年3月号より

努力義務だったものもルールに


これまでも多くの場面で着用が推奨されてきたライフジャケット。「ライフジャケット着用者の海中転落時の生存率は、非着用者に比べて2倍以上」というデータもあり、海上保安庁のマリンレジャー安全推進室でも、命を守る事故救命策確保の基本として、

●ライフジャケットの常時着用
●防水パック入り携帯電話等の連絡手段の確保
●海の緊急通報電話「118番」の活用

の3つを挙げています。今回、国土交通省、水産庁、海上保安庁、警察庁の協力のもと、海、川、湖を問わず、原則として小型船舶操縦士免許が必要なすべての小型船舶の乗船者を対象に、ライフジャケットの着用を義務化する制度改正が実施されました。

国によるライフジャケットの安全基準が決められた今回の制度改正で、釣り人への影響が特に大きいのが、遊漁船において船に備え付けられたライフジャケットでなく、釣り人が自分のライフジャケットを持ち込む場合は、国が安全性を確認した証である、「桜マーク」のあるライフジャケットの着用が義務付けられたことです。このマークが付いていないと、制度を守ったことになりません。

小型船舶におけるライフジャケットの安全基準は、小型船舶安全規則第53条に規定されており、満たすべき主な項目は以下のようなものです。

・誤った方法で着用されないように作られたものであること。
・浮力7・5kg以上(体重40kg未満の小児用は浮力5kg 以上、体重15kg未満の小児用は浮力4・0kg以上)であること。
・非常に見やすい色のものであること。
・顔面を水面上に支持できるものであること。
・笛がひもで取り付けられていること。
さらに、近年使用者が多いボンベによる膨張式のものについては、以下の要件も加わる。
・索を引くこと等の方法により、膨脹するものであること。
・口で充気できる給気口が取り付けられていること。

これらを満たしていると確認されるものにのみ、国土交通省による型式承認試験および検定への合格の印である「桜マーク」が与えられるというシステムです。

「桜マーク付き」ライフジャケットが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!


ただいま、すべての釣り人を応援するウエブサイト、『ANA釣り倶楽部』と『Honda釣り倶楽部』で、この「桜マーク」が付いた、オリジナルのライフジャケットが当たるプレゼントキャンペーンを実施中です。

ANA ANA釣り倶楽部オリジナル・ライフジャケットは20名様(2/20締め切り)

honda Honda釣り倶楽部オリジナル・ライフジャケットは5名様(3/19締め切り)

安全性とデザインにこだわった、新制度にも対応する安心のライフジャケットが当たるこのチャンスをお見逃しなく!

キャンペーンへのご応募には、以下のキャンペーンサイトからの参加登録が必要になります。

◆ANA釣り倶楽部プレキャンページ
https://www.ana.co.jp/vacation/fishing/campaign/201712/

◆Honda釣り倶楽部プレキャンページ
http://www.honda.co.jp/fishing/campaign/201801/?from=TSURI_cpn_topca

釣りは安全に家に帰ってこそ、釣果が誇れ、周囲にも喜ばれます。今回の制度改正を機に、当たり前の事実をあらためて確認し、無事故で楽しい釣りを実践しましょう。詳しくは国土交通省のホームページ(http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr6_000018.html)で確認できます。


2018/1/24

最新号 2018年3月号

“春、心を癒す谷あそび”と題して今月の特集は渓流解禁。実釣では長野県・雑魚川、埼玉県・荒川を取り上げている。これから渓流釣りをやってみたいという人向けにはエサ釣り、テンカラ、ルアーフィッシング、フライフィッシングの入門記事を掲載。そのほかウエアやウエーダーの選び方、カワムシの取り方、全国の主要漁協を網羅した解禁情報など解禁を強力にサポートする内容になっている。また巡ってきた春。祝、渓流釣り解禁! “寒の季節の安・近・短 ワカサギ&タナゴ”も必見。霞ヶ浦の寒タナゴ、グルテンの使い方、今大注目の神奈川県・津久井湖のワカサギ釣り、紅白サシのエサ実験を掲載。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中