カテゴリー

タチウオ料理/さばき方

編集部 2016年12月10日

関西では薄口醤油でじっくりと味を含ませる煮付けが一般的だが、この甘辛醤油煮は濃いめの煮汁で手早く火を通す、いうなれば関東風である。

濃いめの煮汁の関東風

葛島一美 写真と文

タチウオ/「甘辛醤油煮」

編集部 2016年12月6日

関西では薄口醤油でじっくりと味を含ませる煮付けが一般的だが、この甘辛醤油煮は濃いめの煮汁で手早く火を通す、いうなれば関東風である。

濃いめの煮汁の関東風

葛島一美 写真と文

タチウオ/「酒蒸し」

編集部 2016年12月6日

シンプルな料理だが、タチウオが持つ素材の旨みを味わえるのが酒蒸し。脇を固める豆腐やキノコ類、青菜の美味しさも保証付き!

シンプルな味付けで素材の旨みを味わえる

葛島一美 写真と文

タチウオ/「竜田揚げ」

編集部 2016年12月6日

ほどよく香味の効いた醤油ダレが食欲を誘う竜田揚げ。酒の肴はもちろん、ご飯のオカズとしても家族受けは人気ナンバーワン!

香味の効いた醤油ダレが味を引き立てる

葛島一美 写真と文

タチウオ/「炊き込みご飯」

編集部 2016年12月6日

今回はヤマイモの赤ちゃん“むかご”との炊き込みご飯。フレーク状にほぐれるタチウオの身は米の一粒一粒に絡み、しっとりとした食感に仕上がる。初冬ならキノコ類も美味しいし、春になればタケノコといった旬の食材を脇役に抜擢しよう!

米の一粒一粒に身が絡み、しっとりとした食感に

葛島一美 写真と文

タチウオ/「塩焼き」

編集部 2016年12月6日

不変の一番人気はホクホクの焼き立てを柑橘類の香りとともにいただく塩焼き。味を引き締める海塩にこだわるのは沖釣りグルメ派の証である

味を引き締める海塩にこだわる!

葛島一美 写真と文

記事検索

    月刊つり人 最新号

    月刊つり人 10月号

    特集は『ラストスパート! 渓流&アユ』。
    この夏も本当に暑かった。でも、ほっとひと息つく前に、ゼッタイ出かけたい釣りがある。秋の産卵を前に、エサを積極的に追いかける山の大イワナ。ずっしりとした体躯に育ち、強烈なアタリで目印を吹き飛ばすアユ。どちらも今シーズンのフィナーレを飾るには、まだもう少し猶予がある。 涼しくて魚が大きい今の季節は、誰もが思わぬ良型と出会えるチャンス。経験豊富な釣り人も、あるいはビギナーも、今こそ川をめざそう!