川も海も湖も、 釣りを始めたいすべての人を応援する総合釣りサイト

イワナ・ヤマメ・マス釣り/10分で分かる! テンカラキャスティング:前編

人気上昇中のテンカラ釣り。キャストのコツを吉田孝さんが解説

文◎吉田孝 写真◎浦壮一郎
030-033-tenkara-cast_cs6 (1)_1a
渓流釣りの中でもすっかり人気を高めているテンカラ。なかでもテクニック面でカギとなっているのが、毛バリを思った場所に振り込むキャスティングだ。「ねらった場所を外さずに」「毛バリを静かに着水させる」ことができれば、どのように投げてもよいが、そこには基本的な考え方や投げ方がある。数多くの入門者に「魚が釣れるまで」をアドバイスしてきた吉田孝さんが、ビギナーにも理解しやすく、明解かつ基本的なキャスティングをレクチャー。

この記事は『つり人』2017年3月号に掲載したものを再編集しています。

まずは投げやすいシステムで


 どんなスポーツにもいえることだが、テンカラのキャスティングを覚えるにも、「使いやすい道具」を選ぶことがまずは大切。慣れてしまえばどうということはないのだが、キャスティングの難易度は、「ライン」と「サオ」の「重さ」と「長さ」に左右される。

 ラインについては、軽いものより重いもののほうが振り込みのタイミングを取りやすく、さらに長いものより短いもののほうがコントロールしやすい。サオについては、短めで軽いもののほうが当然ながら扱いやすい。この組み合わせをここでは「システム」と表現する。具体的にビギナーにおすすめのシステムは、

●サオ
 
3.3mくらいまでの長さのもの

●ライン
 
3.3~3.6mの長さで、テーパーラインやフライラインタイプといわれる、ある程度の重さがあるもの。または、フロロカーボン製のレベルラインを使うなら、4号程度の太さのもの

 さらに、ラインの先に付くハリスと毛バリについてもしっかり選ぶ。

●ハリス
 
フロロカーボンもしくはナイロン製の0.8号前後を1.2~1.7m

●毛バリ
 
ウエイトが入った重たいものやボリュームがあり大きな空気抵抗のあるものは使わない。つまり、一般的な毛バリ

 特にラインについては、無理なく振っていられる長さ(その範囲で長め)にしておく。これをオーバーしていると、風がある時など最初はなかなかうまくラインを伸ばすことができず、いつまでもキャスティングの感覚が掴めなくなってしまう。一度手にいれたタックルで「どうもいつまでも上手く投げられない?」と思ったら、目安としてサオと同じか、それよりもやや長いくらいのバランスになっているか(それ以上に長すぎないか)を一度確認してほしい。長すぎた場合には、切り過ぎには注意したうえで、先端側を少しずつカットしていきようすを見る。ちなみに、このバランスのタックルであれば、一般的な渓流でそのまま問題なく釣りができる。

キャスティングの基本


 サオの握り方は基本的に自由。実際にいろいろな人に教えてきた経験からも、自然に握りやすい持ち方をしてもらえばまず問題ない。そのうえで、次のようなポイントを意識すると安定してサオを振りやすく、かつ釣りにも適した体勢を作れるようになる。

●足の置き方 
ポイントに向かって立ち、右利きの人なら右足、左利きの人なら左足を、半歩から一歩前に出す

●姿勢 
やや前傾させる

●腕の位置 
脇を締め、ヒジは自然に曲げたまま、サオを動かす時は腕を前に突き出す。サオを持つ手の位置は大体肩の高さに

 つまり足をそろえた棒立ちは実践的なキャストができない。この状態からサオを後ろにハネ上げ、倒しすぎない場所で一度止めるようにすると、ライン、ハリスの順序で仕掛けが後方に伸びていく。その仕掛けが伸びきる直前に前振りに移行。今度はサオを前に振り下ろしたところで止める。するとサオ先に引っ張られた仕掛けが、後方から前方に伸びていく。ライン、ハリスと後ろ振りの時と同じように伸び、最後に毛バリが着水する。これがテンカラキャスティングの基本的な動きだ。

030-033-tenkara-cast_cs6 (1)

サオの振り幅は60度


 この時に頭に入れておくことが、「サオの振り幅は60度が基本になる」ということだ。時計の文字盤をイメージしていただくと分かりやすいが、12時と10時(向きが逆の場合には2時)の間ということになる。

030-033-tenkara-cast_cs6 (2)
 ただし、この振り幅は基本的なことで、釣り場の状況によってはもっと幅広くサオを動かしたほうがよい場合もある。とはいえ、キャスティングのタイミングをしっかりと身につけるには、この振り幅をまずは意識しよう。

030-033-tenkara-cast_cs6 (2)_1 よしだ・たかし
1960 年生まれ。埼玉県所沢市在住。長年、バスフィッシングや渓流のフライフィッシングなどに親しんだのち、テンカラを始めてそのシンプルさと奥深さに入れ込む。以来、釣りはテンカラのみ。現在は「吉田毛鉤会」を主宰し、東京奥多摩の「TOKYOトラウトカントリー」を主な会場にテンカラ教室を開催している

  

テンカラを始めるなら!
『テンカラ・スタートブック』


030-033-tenkara-cast_cs6 (3)_1
月刊つり人編集部編
B5 判・130 ページ・1800 円


最小限の道具を使い、最大限に釣りの楽しさを味わう。テンカラの要点となる釣りの特徴や歴史を整理したうえで、これから始めたいという人が、スムーズに入門できる勘所や現在手に入れられるタックルを分かりやすく分類・紹介。キャスティングはもちろん、釣り方や毛バリの巻き方も詳しく解説しています。

2018/1/26

つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…
つり人社の刊行物
渓流 2018 夏
渓流 2018 夏 本体1,800円+税 A4変型判
2018年の夏号では、長年にわたって『渓流』を支えてきた筆者のひとり、「渓の翁」こと瀬畑雄三さんにスポットを当てます。瀬畑流テンカラ毛バリの巻き方など、翁の知恵を紹介。また今号では、源流釣行記をたっぷり掲載しています。この夏行きたい全国の川…

最新号 2018年11月号

特集は『タナゴ マブナ オイカワ カジカ ハゼ シンプル×奥深い「小さい秋」の釣り大集合』。
観測史上、最高となった今夏の猛暑。台風と地震という自然の猛威も改めて想像を超えた。そんな時だからこそ、穏やかなニッポンの釣り風景を、いまいちど全身で味わってみたい。身近な風景の中を泳ぐ小魚との出会いには、心休まる笑顔の元がたくさん詰まっている。
そのほかの特集は『回遊魚シーズン到来! 青もの釣り超思考法』。
秋の海中はまだまだ熱気に満ちている。ヒットに至る思考法を身に付ければ、海面が沸き立つ騒がしい海を存分に味わえる。その他、『荒食い好機が本格化 山上湖の大ゴイ戦略』も見逃せない。この秋は記憶に残る大ゴイをねらいたい。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

つり人最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

読み込み中